自分の位置を把握してもらおう!安全に登山を楽しむために準備しておくこと

2022/09/05 20:30

令和3年の山岳遭難件数は2,635件もあり、1日平均で7件以上の山岳遭難が発生しています。遭難なんて標高が高く、難易度の高い山に行く人だけに起こることだと思うかもしれませんが、遭難は標高1,000m以下の低山でも発生しますし、100%安全な登山というものはありません。

あわせて読みたい

  • はじめての本格登山に挑戦しよう!知っておくべき4つのポイント

    はじめての本格登山に挑戦しよう!知っておくべき4つのポイント

    tenki.jp

    7/30

    都市部近郊の山で遭難者が増加 コロナ禍の体力不足、無計画…「低い山」と侮るなかれ

    都市部近郊の山で遭難者が増加 コロナ禍の体力不足、無計画…「低い山」と侮るなかれ

    dot.

    10/30

  • 富士山の遭難の9割は下山中に起きる 夏山で「安易な入山」よりやっかいな「目的達成型」の登山

    富士山の遭難の9割は下山中に起きる 夏山で「安易な入山」よりやっかいな「目的達成型」の登山

    dot.

    6/23

    “富士山に登るのが無謀”なのはこんな人

    “富士山に登るのが無謀”なのはこんな人

    週刊朝日

    7/9

  • 経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴

    経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴

    週刊朝日

    7/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す