雷を避けて登山しよう!奥秩父に注目した雷発生パターンを解説

2022/08/31 19:00

山梨県の北部に連なる奥秩父連峰は、山梨百名山のうち25座を占めています。休日ともなれば、金峰山や甲武信ヶ岳周辺は県内外の多くの登山者でにぎわいます。南アルプスに比べると地形はなだらかで標高も低く、年間を通して入山しやすい山域ですが、実は暖候期には雷が多い地域として知られています。どんなときに雷が発生しやすいのか、どうすれば雷を避けることができるのか考えます。

あわせて読みたい

  • 危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

    危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

    tenki.jp

    10/25

    関東甲信 積乱雲発生中 内陸部はゲリラ豪雨に注意

    関東甲信 積乱雲発生中 内陸部はゲリラ豪雨に注意

    tenki.jp

    7/2

  • 東京から見えた発達した積乱雲

    東京から見えた発達した積乱雲

    tenki.jp

    8/3

    青森・秋田県に竜巻注意情報 落雷や激しい突風 19日夕方まで注意

    青森・秋田県に竜巻注意情報 落雷や激しい突風 19日夕方まで注意

    tenki.jp

    7/19

  • 三重 6日夜から7日明け方も局地的な雷雨のおそれ

    三重 6日夜から7日明け方も局地的な雷雨のおそれ

    tenki.jp

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す