粋を極める男性貴族たちの恋歌ー意外と知らない百人一首の世界を探求〈13〉

2022/08/29 20:30

ようやく秋の気配を感じるようになりました。秋と言えば、人恋しくなる季節です。そこで今回は、「百人一首」から、男性の恋歌を紹介します。百首全体を出典の部立によって分けると恋歌が43首、四季歌が32首となり、いかに恋歌が多いかわかります。前回までで女性の歌をまとめて採り上げていますので、特に男性の中でも貴顕と呼ばれる貴族が詠んだ恋歌から数首を採り上げて読んでみます。それらには、平安貴族の中でも最上流の人々が表す“雅び”という文化的価値観の粋(すい)が、藤原定家によって示されているように思えます。

あわせて読みたい

  • その歌はなぜ「百人一首」に選ばれたのか?ー意外と知らない百人一首の世界を探求〈12〉

    その歌はなぜ「百人一首」に選ばれたのか?ー意外と知らない百人一首の世界を探求〈12〉

    tenki.jp

    6/16

    平安の世に花開く女性たちの和歌-意外と知らない百人一首の世界を探求〈10〉

    平安の世に花開く女性たちの和歌-意外と知らない百人一首の世界を探求〈10〉

    tenki.jp

    4/11

  • 17歳で退位した悲運の天皇と、その和歌。意外と知らない百人一首の世界を探求〈5〉

    17歳で退位した悲運の天皇と、その和歌。意外と知らない百人一首の世界を探求〈5〉

    tenki.jp

    7/29

    百人一首に見る対立の構図-意外と知らない百人一首の世界を探求〈7〉

    百人一首に見る対立の構図-意外と知らない百人一首の世界を探求〈7〉

    tenki.jp

    10/5

  • 百人一首に見られる光と闇。意外と知らない百人一首の世界を探求〈6〉

    百人一首に見られる光と闇。意外と知らない百人一首の世界を探求〈6〉

    tenki.jp

    9/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す