そろそろ暑さおさまる頃「処暑」。秋のしのびよりを感じませんか?

2022/08/22 20:30

8月も半ばを過ぎ、誰もが心待ちにしているのは、この暑さがおさまっていくことではないでしょうか。歳時記はいよいよ「処暑」を迎えます。『暦便覧』では「陽気とどまりて。初めて退きやまんとすればなり」とあるごとく、暑さがおさまる時期ということです。とはいえ厳しい暑さはまだ続くよう。そのような中でもどこかに秋の気配は忍びよってきているはずです。朝、夕方の光や風、日中に聞こえる蝉の声にも7月や8月の初めの頃とは違ってきてはいませんか? さあ「処暑」を感じにでかけてみましょう。

あわせて読みたい

  • 二十四節気「処暑」。萩の風に、虫の歌に夏の終わりを感じるころ

    二十四節気「処暑」。萩の風に、虫の歌に夏の終わりを感じるころ

    tenki.jp

    8/23

    二十四節気「処暑」は次候「天地始粛」に移っています

    二十四節気「処暑」は次候「天地始粛」に移っています

    tenki.jp

    8/29

  • お地蔵様とサンタと閻魔大王の意外な関係とは?12月24日「納めの地蔵」

    お地蔵様とサンタと閻魔大王の意外な関係とは?12月24日「納めの地蔵」

    tenki.jp

    12/24

    お盆の後の24日は「地蔵盆」特別な縁日です

    お盆の後の24日は「地蔵盆」特別な縁日です

    tenki.jp

    7/25

  • 二十四節気は「処暑」、暦はそろそろ暑さがおさまる頃と告げています

    二十四節気は「処暑」、暦はそろそろ暑さがおさまる頃と告げています

    tenki.jp

    8/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す