六月。迎える梅雨、充実にむかってエネルギーをチャージ!

2022/06/01 09:00

今年も半ばにさしかかりました。時の流れの速さに驚くとともに、こうはしていられないぞ! という焦りも感じます。六月といえばやはり梅雨、雨の季節です。この雨がなければ豊かな稔りも期待できなくなる大切な時。降る雨を恵みの雨ととらえれば、スッキリと晴れない日々に塞ぎがちになる心も元気になれるのではないでしょうか。「歳時記」をめくると人々が自然を観察しながら、地道に生きてきた努力と工夫の片鱗を感じることができるようです。

あわせて読みたい

  • 「水無月」は水の月。梅雨の曇天に列島がおおわれゆくころ

    「水無月」は水の月。梅雨の曇天に列島がおおわれゆくころ

    tenki.jp

    6/1

    今年も雨の季節が到来!ふたつある「入梅」の日と「五月晴れ」の本当の意味

    今年も雨の季節が到来!ふたつある「入梅」の日と「五月晴れ」の本当の意味

    tenki.jp

    6/9

  • 6月の詩歌 ── 夏の気配が濃厚に、あるいはほのかに……

    6月の詩歌 ── 夏の気配が濃厚に、あるいはほのかに……

    tenki.jp

    5/29

    「入梅」各地で梅雨入りが発表される時季になりました

    「入梅」各地で梅雨入りが発表される時季になりました

    tenki.jp

    6/10

  • 本当はいつ?「五月雨(さみだれ)」、「五月晴れ(さつきばれ)」と梅の実の熟すころの関係

    本当はいつ?「五月雨(さみだれ)」、「五月晴れ(さつきばれ)」と梅の実の熟すころの関係

    tenki.jp

    5/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す