二十四節気は「小満」へ、精気はみなぎり命が育まれていく音が聞こえてきます

2022/05/20 20:30

『暦便覧』に「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されているのが「小満」です。「小」と表現されていますが、満ちてくる勢いは「盈」あふれるほどと解説されています。立春から立夏を越え、日々変わる気温の変化に敏感に反応して姿を変えていく木々や大地の草花から、それぞれが満ち溢れていく「盈」を実感してきました。これって「小」かしら? と首を傾げたくなりませんか。さて『歳時記』はどんなことが書いてあるのでしょう。確かめにいきましょう。

あわせて読みたい

  • 麦の穂に満ちてきた稔り、二十四節気は「小満」を迎えています

    麦の穂に満ちてきた稔り、二十四節気は「小満」を迎えています

    tenki.jp

    5/21

    二十四節気の「小満」になりました。ところで「しょうまん」って どんな季節でしょうか?

    二十四節気の「小満」になりました。ところで「しょうまん」って どんな季節でしょうか?

    tenki.jp

    5/21

  • 5月21日17時45分に訪れるもの…「小満」

    5月21日17時45分に訪れるもの…「小満」

    tenki.jp

    5/21

    二十四節気「小満(しょうまん)」。何が「小さく満ちる」のでしょうか?

    二十四節気「小満(しょうまん)」。何が「小さく満ちる」のでしょうか?

    tenki.jp

    5/21

  • 「紅花」はベニバナのことではなかった⁉七十二候「紅花栄」

    「紅花」はベニバナのことではなかった⁉七十二候「紅花栄」

    tenki.jp

    5/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す