百人一首に見る、平安女性の恋と粋ー意外と知らない百人一首の世界を探求〈11〉

2022/05/07 20:30

「百人一首」の中で、女性の和歌が連続している箇所の前半の4首を前回の当コラムでは紹介しました。今回は続きで残りの58番~62番の5首を見て行きます。この合わせて9首の女性の歌が詠まれたのは、特に平安中頃の一条天皇時代前後に集中していて、多士済々ぶりが覗えます。

あわせて読みたい

  • 百人一首に見る対立の構図-意外と知らない百人一首の世界を探求〈7〉

    百人一首に見る対立の構図-意外と知らない百人一首の世界を探求〈7〉

    tenki.jp

    10/5

    平安の世に花開く女性たちの和歌-意外と知らない百人一首の世界を探求〈10〉

    平安の世に花開く女性たちの和歌-意外と知らない百人一首の世界を探求〈10〉

    tenki.jp

    4/11

  • 雪を愛でて楽しむ~平安文学に見られる雪~(後編)

    雪を愛でて楽しむ~平安文学に見られる雪~(後編)

    tenki.jp

    1/24

    黄金輝くか!山吹の花 ~平安和歌に見られる山吹~

    黄金輝くか!山吹の花 ~平安和歌に見られる山吹~

    tenki.jp

    4/6

  • 紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    dot.

    9/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す