風薫る…日に日に変わる「五月の緑」を微妙に表現している日本語は何?

2022/05/01 20:30

五月の美しさは花もさることながらやはり木々を色づかせる緑ではないでしょうか。梅や桜の開花が春を待つ心をときめかせるものならば、花の後を追うように木々に生まれてくる緑には、ホッと心を休ませてくれる癒しを感じませんか。「芽吹き」「新芽」「新緑」「若葉」「青葉」など、ふだん何げなく使っている春から初夏の緑を表すことばですが、それぞれに微妙な違いがあるようです。自然とともに生きてきた人々の心に感じた違いとは何でしょう? ちょっとのぞいてみませんか。

あわせて読みたい

  • 「知って得する季語」──5月は「新緑」をたっぷり浴びよう

    「知って得する季語」──5月は「新緑」をたっぷり浴びよう

    tenki.jp

    5/11

    緑が眩しい季節!生命力あふれる「緑」のエネルギーで、心身をリフレッシュしましょう

    緑が眩しい季節!生命力あふれる「緑」のエネルギーで、心身をリフレッシュしましょう

    tenki.jp

    4/20

  • 光あふれ、さわやかな風薫る ── 5月の詩歌

    光あふれ、さわやかな風薫る ── 5月の詩歌

    tenki.jp

    5/3

    5月の詩歌 ── 陽光が強さを増し、服装も軽くなる初夏

    5月の詩歌 ── 陽光が強さを増し、服装も軽くなる初夏

    tenki.jp

    4/30

  • その価値は「小判1枚分」! 今が旬の初鰹を最もおいしく食べる調理法とは
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    その価値は「小判1枚分」! 今が旬の初鰹を最もおいしく食べる調理法とは

    AERA

    5/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す