雪国の「矢羽根」「スノーポール」はドライバーの道標

2021/11/10 20:30

11月もそろそろ中旬。北国では車をスノータイヤに履きかえるなど、冬の準備が始まっています。でも、雪が多い地方では、朝起きたら一面真っ白、いきなり冬景色になる、という日も少なくありません。まだ除雪車が入っていない、まっさらな道路を通らなければならないときや、吹雪でホワイトアウト状態のときなどは、車道と歩道の境目がわからない…ということも。そんなとき、ドライバーは何を目印にして運転すればいいのでしょう。

あわせて読みたい

  • ドライバーにとって危険な冬道、積もった雪も、ツルツル路面も本当に恐ろしい!!

    ドライバーにとって危険な冬道、積もった雪も、ツルツル路面も本当に恐ろしい!!

    tenki.jp

    1/24

    知床横断道路がそろそろ閉鎖。北国の冬じたくが始まる季節になりました

    知床横断道路がそろそろ閉鎖。北国の冬じたくが始まる季節になりました

    tenki.jp

    10/29

  • 雪で白線が見えない! 頼りになる標識「停止線」「中央線」

    雪で白線が見えない! 頼りになる標識「停止線」「中央線」

    tenki.jp

    10/27

    3本レール用除雪車、高い位置の路盤、ポイントの雪を吹き飛ばす ! 北海道新幹線、北国ならではの工夫。

    3本レール用除雪車、高い位置の路盤、ポイントの雪を吹き飛ばす ! 北海道新幹線、北国ならではの工夫。

    tenki.jp

    12/28

  • 省エネで普及するLEDの信号機、でも、雪国ではLEDだと困るときも…

    省エネで普及するLEDの信号機、でも、雪国ではLEDだと困るときも…

    tenki.jp

    1/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す