百人一首に見られる光と闇。意外と知らない百人一首の世界を探求〈6〉

2021/09/03 20:30

古典文学の中で、もっともポピュラーと言える「百人一首」。当コラムでは「百人一首」について、現在知られていることを解説しています。前回は13番目に位置する陽成院の和歌を採り上げて解説しました。陽成院は、歌人として有名だったというのではなく、在位8年、17歳の若さで退位するという悲運の天皇だったことが「百人一首」に入れられた大きな理由で、それは後の14番・15番までが一連となっていることで示されていると説明しました。今回は、その14番(源融 みなもとのとおる)と15番(光孝天皇)の歌と作者について取り上げてみましょう。

あわせて読みたい

  • 17歳で退位した悲運の天皇と、その和歌。意外と知らない百人一首の世界を探求〈5〉

    17歳で退位した悲運の天皇と、その和歌。意外と知らない百人一首の世界を探求〈5〉

    tenki.jp

    7/29

    百人一首、成立の裏に隠された確執とは?意外と知らない百人一首の世界を探求〈4〉

    百人一首、成立の裏に隠された確執とは?意外と知らない百人一首の世界を探求〈4〉

    tenki.jp

    6/23

  • 百人一首成立の謎に迫る!意外と知らない百人一首の世界を探求〈3〉

    百人一首成立の謎に迫る!意外と知らない百人一首の世界を探求〈3〉

    tenki.jp

    5/14

    百人一首には順番があった?意外と知らない百人一首の世界を探求〈2〉

    百人一首には順番があった?意外と知らない百人一首の世界を探求〈2〉

    tenki.jp

    4/24

  • 「百人一首」がなぜカルタに?意外と知らない百人一首の世界を探求〈1〉

    「百人一首」がなぜカルタに?意外と知らない百人一首の世界を探求〈1〉

    tenki.jp

    3/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す