夏はハーフパンツが大活躍!男女別の選び方4つのポイント 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏はハーフパンツが大活躍!男女別の選び方4つのポイント

tenki.jp

丈の短いハーフパンツは、男女問わず暑い夏の時期に人気のアイテムです。涼しくて動きやすいところが魅力ですが、一方で「子供っぽく見えてしまう」「着こなしが難しい」といった声も少なくありません。

そこで今回は、夏のハーフパンツの特徴やおすすめポイント、男女別の選び方についてわかりやすくまとめました。


そもそもハーフパンツの定義とは?

ハーフパンツとは、裾の丈が膝あたりまである半ズボンのことです。短いズボンの総称であるショートパンツの一種ですが、極端に丈が短いものは含まれず、膝より少し上、あるいは少し下のものを指します。丈の長さについて明確な定義はなく、一般的な長ズボンの半分くらいの丈であればハーフパンツと呼ばれています。


ハーフパンツの形状・丈の違い

ハーフパンツと一言にいっても、丈の長さや形にさまざまな種類があります。ここでは、ハーフパンツの主な形状と、丈の違いをまとめました。

■1. 膝上丈のハーフパンツ

膝が全部見えるタイプのハーフパンツです。いわゆる「短パン」と呼ばれるもので、正四角形に近いシルエットになります。肌の露出が大きいので、最も涼しさを感じやすいタイプといえるでしょう。

■2. 膝丈のハーフパンツ

膝がちょうどすっぽり隠れるタイプのハーフパンツです。最もスタンダードなタイプで、裾がタイトになったものと、広がっているものの2種類に分かれます。前者は長方形、後者は台形に近いシルエットになります。

■3. 膝下丈のハーフパンツ

裾が膝より下に来るタイプのハーフパンツです。長さとしては6分丈が主流ですが、裾がふくらはぎあたりまで来る七分丈のものを「ハーフパンツ」という場合もあります。


夏のハーフパンツのおすすめポイント

ハーフパンツは見た目が子供っぽくなるというイメージからか、敬遠する方も多いようです。しかし、ハーフパンツには魅力的なポイントもたくさんあります。ここでは、夏にハーフパンツをおすすめするポイントを3つご紹介します。

■1. 涼しい

長ズボンの場合、足全体が覆われているので通気性が悪く、夏場に履くと着心地はもちろん、見た目にも暑苦しさを感じてしまいます。ハーフパンツは膝下が露出しているので、長ズボンに比べて風通しが良く、涼しく過ごせるところが大きな魅力です。

■2. 蒸れにくい

上半身ほどではありませんが、下半身も汗をかきやすい部位ですので、暑い日に長ズボンを履いていると蒸れを感じやすくなります。ハーフパンツなら通気性が良いので、汗をかいても蒸れにくく、一日中快適な履き心地をキープできます。

■3. 動きやすい

長ズボンの場合、ストレッチ素材でないと膝を屈伸させにくく、しゃがむときに動きづらさを感じることがあります。膝上丈、あるいは膝丈のハーフパンツならスムーズに膝を曲げ伸ばしできるため、レジャーやスポーツなど、活発に動きたいときにぴったりです。


ハーフパンツの選び方【メンズ編】

男性がハーフパンツを履くときの悩みポイントは「子供っぽく見えること」です。そんな悩みを解消するためにはどんなハーフパンツを選べばよいのか、そのポイントを2つご紹介します。

■1. 丈の長さに注意する

ハーフパンツの丈は膝上~膝下まで幅広いですが、膝がはっきり見えてしまうくらい丈の短いパンツを履くと、子供っぽい印象を与えてしまいます。大人っぽく履きこなしたいのなら、丈は膝より少し上、あるいは少し下のものを選ぶようにしましょう。

また夏にハーフパンツを履く際には、足のお手入れにも気を付けましょう。

■2. 体型に合わせて選ぶ

ハーフパンツの幅は、自分の体型に合わせて選ぶのがポイントです。細身の方は、ハーフパンツもすんなりとしたストレートタイプのものを選んだ方が、スタイルの良さを際立たせることができます。一方、体格のいい人はパンツの幅がややゆったりしたものを選ぶと全体のバランスが良くなります。ただ、あまりルーズなシルエットのパンツを選ぶとボリュームが出すぎるので要注意です。


ハーフパンツの選び方【レディース編】

男性だけでなく、ハーフパンツを履くと幼いイメージになるから…と敬遠している女性もいるでしょう。しかし、ハーフパンツの素材やカラーの選び方を押さえれば、大人っぽい落ち着いたコーディネートにまとめることができます。

■1. 柔らかめの素材を選ぶ

ハーフパンツを大人っぽく着こなしたい!という人は、なるべく柔らかめの素材を選ぶのがポイントです。たとえばリネンやコットンなどの天然繊維を使ったハーフパンツなら、合成繊維やデニム地のハーフパンツよりもフェミニンな雰囲気になります。

■2. シーンに合った丈・カラーを選ぶ

女性の場合、シーンに合ったカラーを選べば、仕事からプライベートまでハーフパンツを活用できます。たとえば通勤スタイルに取り入れるなら、ブラックやグレー、ネイビーなど落ち着いたカラーを採用した膝下丈のハーフパンツを選ぶと、すっきりしたオフィスカジュアルスタイルになります。一方、プライベートシーンなら、膝上丈×白・ベージュ・ピンクのハーフパンツを履くと、ガーリーな雰囲気に仕上がります。


夏はおしゃれにハーフパンツを着こなそう

ハーフパンツは一般的な長ズボンに比べて通気性が良く、かつ動きやすいので、暑い夏にぴったりのアイテムです。ただ、ハーフパンツの選び方を間違えると子供っぽい雰囲気になってしまいますので、丈や幅、素材、カラーなどに気を付けながら、自分にぴったりの一着を見つけましょう。

天気予報専門メディア「tenki.jp」では、その日の天気や予想気温のほか、おすすめの服装を提案する「服装指数」も確認できます。この夏、ハーフパンツに挑戦しようと思っている方は、tenki.jpの服装指数を上手に活用してください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい