スキー場にも続々登場!高原グランピング5選【夏のスキー場はいま】 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スキー場にも続々登場!高原グランピング5選【夏のスキー場はいま】

tenki.jp
舞子グランピング(新潟・南魚沼市)

舞子グランピング(新潟・南魚沼市)

スキー場の夏営業を紹介する連載の第3回目は「高原グランピング」です。えっ、スキー場にグランピングがあるの? そう感じた方も多いと思いますが、標高の高さゆえの清涼感や景観のよさは"グラマラス×キャンプ"のグラマラスの部分にうってつけなんです。

今回は5つの高原グランピングをご紹介。密回避のレジャーとしてキャンプが注目を集めていますが、自分でテントを設営するのはハードルが高い、そんな方、必見ですよ。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。


舞子スノーリゾート「舞子グランピング」今夏、冷暖房完備のドーム型テントが新登場!

首都圏から約2時間、関越道 塩沢石打ICからたった2分!という抜群のアクセスで人気を誇るのが、2017年、舞子スノーリゾート(新潟・南魚沼市)に誕生した「舞子グランピング」です。

現在、サイト数は12ですが、7月末には18サイトに増設予定。しかも、ついに、冷暖房完備のドーム型テントが登場するとのこと。さらに、快適なグランピングライフが過ごせそうですね。舞子グランピングのもうひとつの特徴が"リゾートホテルクオリティ"。グランピングといえども、スキー場という立地上、快適性は気になるところですが、隣接の「舞子高原ホテル」のサービスが利用できるのは大きなメリット。

チェックイン&アウトはホテルフロントですし、舞子温泉「飯士(いいじ)の湯」も利用可能。さらに、朝食はホテルのモーニングブッフェ。とくに、女性から高い評価を得ています。 気になる夕食は、地産地消の食材をふんだんに使ったアウトドアディナーでおもてなし。ダッチオーブンで作る魚介のブイヤベースのスープや佐渡産黒豚の自家製ロースハム、スキレットを使ったハッセルバックポテトなど、ボリューム満点、かつSNS映えしそうなメニューが目白押しです。

【舞子スノーリゾート「舞子グランピング」】

◆住所:新潟県南魚沼市舞子2056-108

◆電話:025-783-4100

◆アクセス:関越道 塩沢石打ICから約2分、JR上越新幹線 越後湯沢駅から無料シャトルバス(要予約)で約20分

◆営業期間:~2021年10月23日

◆チェックイン14:00~、チェックアウト~10:00

◆料金:大人14,000円~、小学生10,500円~、3歳~未就学児7,500円~ ※2歳以下無料 ※1泊2食(夕食:グランピングサイト/朝食:舞子高原ホテル)・グランピング備品・温泉利用料・ディスクゴルフ&グラウンド・ゴルフプレー料(各1回)・駐車料含む

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


神鍋高原「KANNABE 5 SENSE」カラーでテーマ分け!かわいらしい5種類のテント

2018年、神鍋高原に誕生したのが「KANNABE 5 SENSE」(兵庫・豊岡市)です。"五感で感じる"をコンセプトにした、1日8組限定の隠れ家的グランピングサイトとして人気を博しています。

テントはウッドデッキの上に設営されているので快適。大型のタープやダイニングテーブル、BBQグリルなど、必要なアイテムはすべて完備されています。また、「神鍋温泉ゆとろぎ」の温泉入浴券付きなのもうれしい限りです。特徴的なのは、グリーン=芝生、ブルー=星空、赤&ピンク=お花、茶色=土、レモンイエロー=ミツバチ、これら5色を基調にした、テーマの異なる5つのテントサイト。外観・内観ともに統一した質感で、かわいらしさが引き立っています。夕食は豪華アウトドアディナー。但馬牛のハラミステーキや神鍋高原で育ったニジマスのシーザーサラダなど、ボリュームもたっぷり。グランピングの定番スイーツとなりつつある、クラッカーにマシュマロ、チョコを挟んだスモアもあります。そして、朝食はこちらも定番、ホットサンド! 食べすぎ注意です。

【神鍋高原「KANNABE 5 SENSE」】

◆住所:兵庫県豊岡市日高町栗栖野60-1

◆電話:0796-45-1520

◆アクセス:北近畿豊岡道 日高神鍋高原ICから約15分

◆営業期間:~2021年11月末(予定) ※火・水定休(祝日は営業)

◆チェックイン15:00~、チェックアウト~10:00

◆料金:(基本サイト利用料)24,000円~ (お客様別利用料)大人6,800円、小学生5,800円、4~6歳3,300円 ※3歳以下無料 ※1泊2食・「神鍋温泉ゆとろぎ」温泉入浴券付き

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


キューピットバレイ「キューピットバレイキャンプサイト」ログハウス宿泊のグランピングが人気!

菱ヶ岳のすそ野に広がるキューピットバレイ(新潟・上越市)に、この春、リニューアルオープンを果たしたキャンプ場が「キューピットバレイキャンプサイト」。高原の立地を生かしたフリーサイトとして人気を博していますが、ここで注目するのは、カナダ産ログハウスに宿泊するグランピングプラン。

今回紹介する唯一のログハウス宿泊プランで、その強みは冷暖房完備や悪天候時。たとえ、降雨でも快適な睡眠が約束されています。

また、アルコール類まで飲み放題というグリルダイニング「ブランネージュ」でのディナーや、ログハウスまで運んでくれるホットサンド朝食など、ボリューム満点の食事も人気の秘訣となっています。

【キューピットバレイ「キューピットバレイキャンプサイト」】

◆住所:新潟県上越市安塚区須川4820

◆電話:025-593-2041

◆アクセス:関越道 六日町ICから約90分、北陸道 柿崎IC・上越ICから約40分

◆営業期間:~2021年10月9日

◆チェックイン15:00~、チェックアウト~10:00

◆料金:(グランピングプラン)大人14,000円~、小学生12,000円、3歳~未就学児8,000円 ※2歳以下無料 ※1泊2食・温泉利用料(1回)・駐車料含む

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


ニンジャスノーハイランド「REWILD ZEKKEI GLAMPING RESORT」2021年5月誕生!

昨冬、峰の原高原スキー場が「REWILD NINJA SNOW HIGHLAND」(長野・須坂市)として生まれ変わりましたが、2021年5月には、キャンプ場「REWILD ZEKKEI GLAMPING RESORT」も新登場。今回、ご紹介するのは、そのグランピングプラン「ZEKKEIグランピング」です。

その名の通り、北アルプスや山野草園、満点の星空の絶景がウリ。なかでも、気象条件によって発生する雲海は一見の価値ありです!

【ニンジャスノーハイランド「REWILD ZEKKEI GLAMPING RESORT」】

◆住所:長野県須坂市仁礼峰の原3153-656

◆アクセス:上信越道 上田菅平ICから約30分

◆営業期間:~2021年10月末

◆チェックイン14:00~、チェックアウト~10:30

◆料金:1棟4名まで(食事なし)36,000円~ ※2歳以下無料 ※5名以上の場合は、追加1名につき、6,000円

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


ノルン水上スキー場「ノルン水上RVパーク」

関越道 水上ICからたった3km! アクセス抜群のノルン水上スキー場「ノルン水上RVパーク」(群馬・みなかみ町)のグランピングプランが「トレーラーキャビンプラン」。夕食は手ぶらBBQ、朝食はホットサンドなどの軽食で、お腹も大満足。早朝、目の前に広がる山々から昇る朝日は最高です。

スキー場内では宝石や化石を探すイベントや、夏休みにはカブトムシやクワガタのつかみ取りなどのアクティビティも多彩。ファミリーにとくにおすすめの施設です。

【ノルン水上スキー場「ノルン水上RVパーク」】

◆住所:群馬県利根郡みなかみ町寺間479-139

◆電話:080-6506-5907

◆アクセス:関越道 水上ICから約5分、JR上越線 水上駅からタクシーで約12分

◆営業期間:~2021年11月上旬

◆チェックイン16:00~、チェックアウト~9:00

◆料金:大人8,000円~、4歳~小学生7,000円~ ※4歳~小学生(食事なし)2,000円~、3歳以下(食事なし)500円 ※1泊2食

※詳細情報は公式サイトをご参照ください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい