6月16日は「麦とろの日」。とろろ芋は山のウナギ!? かゆくなるのはなぜ?

2021/06/16 09:00

6月16日は、6(ムギ)16(トロ)の日です。とろろ芋をすって、トロトロと麦ごはんにかけた麦とろは、「名物 とろろ汁」として江戸時代にも大人気。東海道の宿場では、有名な旅人たちもサラサラっとかき込んでパワーチャージをはかっていたようです! ところで、とろろってなぜ手や口がチクチクかゆくなるのでしょうか。そしてとろろ芋が「山のウナギ」と呼ばれる理由とは?

あわせて読みたい

  • 8月10日は「道の日」 果てしなくどこまでも続く道 あなたの行く道は?

    8月10日は「道の日」 果てしなくどこまでも続く道 あなたの行く道は?

    tenki.jp

    8/10

    6月16日は麦とろの日!手作り麦とろで夏を乗り切ろう

    6月16日は麦とろの日!手作り麦とろで夏を乗り切ろう

    tenki.jp

    6/16

  • 11月16日は自然薯の日!薩摩生まれの自然薯を使ったお菓子をご紹介

    11月16日は自然薯の日!薩摩生まれの自然薯を使ったお菓子をご紹介

    tenki.jp

    11/16

    「物語が停滞するとぶん殴る」? 奇天烈な明治娯楽物語を紹介する『まいボコ』とは

    「物語が停滞するとぶん殴る」? 奇天烈な明治娯楽物語を紹介する『まいボコ』とは

    AERA

    6/30

  • 土凍てつき路地もの野菜が美味しくなる季節! 七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

    土凍てつき路地もの野菜が美味しくなる季節! 七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

    tenki.jp

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す