これからの時期の体調管理に。デトックスウォーターを楽しもう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

これからの時期の体調管理に。デトックスウォーターを楽しもう

tenki.jp

梅雨の時期、体温調節や身体の毒素を体外に排出することが苦手だと感じている方もいるのではないでしょうか。そこで、これからの時期に、身体の水分調節にもぴったりで手軽に始められる『デトックスウォーター』をご紹介します。

スッキリした身体で、心も軽やかに。ぜひ、毎日の習慣として始めてみてはいかがでしょうか。


デトックスウォーター&フレーバーウォーター

まずは、どのようなものなのかを少し説明しましょう。フレーバーウォーターの方が大きな括りになり、市販でも、たくさんの商品が販売されています。「◯◯の水」や「△△ウォーター」などの名前が付いているものが多いので、既に飲んでいるという方もいるのではないでしょうか。フレーバーウォーターは、野菜や果物、ハーブ、スパイスなどを少量加えて、風味付けをした飲料になります。

その中でも『デトックスウォーター』は、フルーツや野菜、ハーブ類などを潰したりせずに、ミネラルウォーターに入れておくだけのシンプルな飲料です。見た目にもおしゃれなので、気分も上がりますよね。また砂糖などの甘味料を加えずに、シンプルに、材料と水で作るので、摂取量を控えることなく、水分として摂取できるのも、良い点かと思います。


作り方は簡単!

ミネラルウォーターに、お好みの食材を数時間浸けておくだけでOK。とても簡単です!これから暑くなる時期には、炭酸水で作っても、爽やかさが増しますよ。

見た目にも、風味にも、変化が出るので2、3種類を組み合わせて浸けるのがおすすめ。フルーツや野菜は、薄くスライスして浸けておくことで、早く、たくさんのエキスが出やすくなります。水溶性の栄養素であれば早く染み出してくれますし、そうでなくても、わずかずつ味の変化を楽しむことができます。忙しくて体調管理がなかなか難しい人でも、取り入れやすいのではないでしょうか。

無農薬やオーガニックの表示がある材料を、よく洗い、しっかり水分を拭き取ってから、スライスして浸けましょう。農薬が気になる果物類などは皮を剥いて使いましょう。

例えば、これからの時期に旬を迎えるスイカなど、香りの弱い材料は、浸ける時間は長めに(6時間程度)しましょう。反対に、レモンなどの香りの強い材料は2時間程度で飲み始めることができます。

出来上がったデトックスウォーターは、冷蔵庫で保管します。材料を入れたら、そのまま冷蔵庫で浸けておきます。そして、できる限り早めに、24時間程度を目安に飲み切るようにしましょう。夜寝る前に翌日分を準備する、というルーティンがおすすめですよ。

素敵なガラス製の保存瓶が、たくさんの種類や大きさで市販されているので、容器選びもとても楽しいと思います。冷蔵庫を開ける度に、手に取る度に、きっと楽しい気分になれるはずです。


おすすめの材料

☆キウイ

カリウムの含有量が多い果物の代表格です。他にもビタミンCや食物繊維なども豊富です。皮を剥いてから浸けましょう。

→合わせる材料のおすすめ

レモン、ミント、ライム、メロン

☆ブルーベリー

ブルーベリーに限らず、ベリー類には、ビタミンEやポリフェノールが豊富に含まれています。

→合わせる材料のおすすめ

プラム、ローズマリー、いちご、レモン

☆グレープフルーツ

ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。またグレープフルーツなどの柑橘類の香りは、アロマ効果が期待できるそうで、リラックスに向いているとされています。

→合わせる材料のおすすめ

オレンジ、レモン、ライム、ミント

☆みかん

ビタミンCやβ-カロテンの他にも、水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。外皮を剥いてから浸けましょう。

→合わせる材料のおすすめ

オレンジ、ローズマリー、ドライパイナップル、ドライマンゴー身近な材料で、気軽に、楽しく、体調管理!元気に毎日を過ごしたいものです。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい