【運動会シーズン突入!】簡単なのに豪華に見える運動会のお弁当レシピ特集 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【運動会シーズン突入!】簡単なのに豪華に見える運動会のお弁当レシピ特集

tenki.jp
お弁当に"美味しい応援団"を詰めて子供たちにエールを送ろう。

お弁当に"美味しい応援団"を詰めて子供たちにエールを送ろう。

あっと驚くごちそうおにぎり。

あっと驚くごちそうおにぎり。

ワンハンドでパクッと食べやすい串付きの肉料理。

ワンハンドでパクッと食べやすい串付きの肉料理。

子供が大好きなマッシュポテトをグラタンにアレンジ♪

子供が大好きなマッシュポテトをグラタンにアレンジ♪

愛情いっぱいのお弁当パワーで午後も元気に頑張れること間違いなし!

愛情いっぱいのお弁当パワーで午後も元気に頑張れること間違いなし!

いよいよ運動会シーズン!昔は秋の体育の日あたりに開催されていましたが、ここ最近は5〜6月の春の時期に運動会を開催する学校が増えているようですね。

そして運動会に欠かせないものといえば色とりどりのおかずと愛情が詰まったお弁当。子供たちを精一杯喜ばせたいけど、ネタ切れで何を作ろうか悩んでいる…という方もいらっしゃるのでは?今回はいつものお弁当とちょっと違う特別感のあるレシピを3種類ピックアップしてみました。


華やかでコロンとかわいい♪『チキンライスdeおにぎりドーナツ』

お弁当の影の存在、おにぎりが主役級の料理に大変身!チキンライスdeおにぎりドーナツのレシピです。今回はチキンライスを使っていますがホームパーティーを行う際は酢飯を詰めた後お刺身をトッピングし、お寿司風にアレンジするのもおすすめですよ。

〜チキンライスdeおにぎりドーナツの作り方〜

<材料(5〜6個分)>

・白ご飯 茶碗3杯分

・鶏ミンチ 100g

・玉ねぎ 1/2個

・ケチャップ 大さじ3

・冷凍枝豆、塩胡椒 各適量

・サラダ油 大さじ1

<作り方>

(1)フライパンにサラダ油を熱し、鶏ミンチを炒めていきます。

(2)鶏ミンチの色が変わってきたらみじん切りにした玉ねぎを加え、玉ねぎがしんなりするまで更に炒めていきましょう。

(3)2に白ごはんを加え、ほぐれてきたら解凍した冷凍枝豆・ケチャップ・塩胡椒を加えて炒め合わせます。

(4)ドーナツ型にチキンライスを上までしっかり行き渡るよう詰め、お皿にひっくり返したら完成です。


ガツンとお肉を食べてパワーアップ。『シシカバブ』

シシカバブとはトルコやインドなど中東を中心に食べられている肉の串焼き料理のこと。材料として使用しているカレー粉には疲労回復をサポートするターメリック等のスパイスがブレンドされていることから、スタミナを持続させたい午後の部もバッチリ頑張れることでしょう♪

〜シシカバブの作り方〜

<材料(竹串10本分)>

・牛ミンチ 500g

・万能ねぎ(みじん切り) 4〜5本

・カレー粉 大さじ1杯半

・料理酒 大さじ2

・おろしにんにく、おろし生姜 各1片分

・塩胡椒 各適量

<作り方>

(1)ボウルに全ての材料を加え、粘り気が出るまでよくこねましょう。

(2)1のタネをソーセージ状にまとめ、手で軽く押さえて平らにしたら竹串に刺していきます。

(3)2の肉ダネを刺した竹串をグリルで15分ほど加熱したら完成です。

【参照】

エスビー食品/赤缶カレー粉

エスビー食品/ターメリック炒飯・ターメリックホットミルク


ほくほく食感が美味しい!『鮭とマッシュポテトのミニグラタン』

忙しい運動会当日でもパパッと作りやすい!鮭とマッシュポテトのミニグラタンのレシピをご紹介します。少ない材料で済むのでお財布に優しく、普段の朝食やランチにも最適なメニューです。

〜鮭とマッシュポテトのミニグラタンの作り方〜

<材料(アルミカップ5〜6個分)>

・じゃがいも 2個

・鮭フレーク 30g

・牛乳 大さじ2

・塩胡椒、乾燥パセリ 各適量

・ピザ用チーズ お好みの量

<作り方>

(1)じゃがいもは皮をむき、1〜2cm角に切ったら耐熱皿に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで6分間加熱します。そのまま5分ほど蒸らしましょう。

(2)じゃがいもが熱いうちに牛乳を混ぜ合わせ、木べらでマッシュします。

(3)2に鮭フレークを混ぜ合わせ、塩胡椒で味を整えましょう。

(4)アルミカップに鮭フレーク入りマッシュポテトを入れ、ピザ用チーズを散らします。

(5)チーズに焼き色がつくまでオーブントースターで加熱し、仕上げに乾燥パセリを振りかけたら完成です。運動会は年に一度の一大イベントだからこそ、いつも以上にお弁当作りに気合を入れてお子さんのやる気スイッチをONにしたいものですよね。

当レシピはじゃがいもをマッシュしたり、お肉を竹串に刺したりとお子さんも気軽にお手伝いできるものばかりですので、もし良かったらお弁当作りから一緒に楽しんでみて下さい。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい