もうすぐ立夏。あなたの季節の楽しみは何ですか? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

もうすぐ立夏。あなたの季節の楽しみは何ですか?

tenki.jp
グリーンアスパラのビスマルク風

グリーンアスパラのビスマルク風

一服いかがでしょう

一服いかがでしょう

春の節気を締めくくる「穀雨」もそろそろ終わり、端午の節句の頃、立夏を迎え初夏に入っていきます。春は、締めくくりや新しい始まりの季節、気力活力を補いながら期末期初をのりこえてきました。そろそろ少したちどまって、深呼吸が必要な時期かもしれません。このGWはゆったりとした時間を楽しみ、体調を整え免疫力をあげて、健やかに過ごしたいものです。今回は5月の旬や楽しみに注目してみました。


春の旬、初夏の旬それぞれに楽しめる5月

〇野菜

春の山菜や根三つ葉、ふき、たまねぎ、たけのこ、山芋、にら、うど、かぶ、おかひじき、ごぼう、さやえんどうは、初夏もはじまり旬が終わる前、今のうちに楽しみましょう!「春子」とも呼ばれる春のしいたけやマッシュルームも今、美味しい時期にいただきましょう。

一年中ある野菜たちでも、レタスやキャベツ、きくらげ、クレソン、ルッコラ、セロリなど、サラダやシンプルなお料理でいただきたいですね!

初夏らしさを感じる、かぼちゃ、グリーンアスパラ、そらまめ、グリーンピース、新じゃがなど続々店先にならんでいます。水なすなども出回り始めました。

〇果物

あまなつ、いちご、フロリダ産のグレープフルーツはそろそろ旬が終わりますので、味わっておきたいですね!なつみかんは引き続き、メロン、マンゴー、スイカなど、夏の果物たちが出回ってきます。

〇魚・海産物

3月中旬に解禁となった春シラスも5月いっぱいでしょうか。鰆は回遊魚のため旬が地域によります。関東は冬、瀬戸内海は春、そろそろ初夏にはいりますので、美味しい時期を逃さずに。

あいなめ、アジ、いさき、かつお、きびなご、メバルなども美味しい時期です。わかめは旬も終わりに近づいていますが、貝類、いか、たこ、うになどの美味しい季節がめぐってきます。

(参照・引用)

旬の食材カレンダー

キッコーマン/旬の食材事典 魚介・海藻類


GWのプチトライ!お日さまの力をいただくミニ園芸はいかが?

朝夕が明るく、すっかり昼間の時間が長くなったという実感も出てきたことと思います。日差しも強くなってきました。気持ちのよい日に、このお日様を生かしたミニ園芸にとりくむのはいかがでしょう?夏野菜の苗を植え付け、じっくり楽しむのもよし、短期間で育つ野菜にトライするのもよし。10日弱でいただける「スプラウト」もさまざまな種類があり、初心者にもおすすめです。

1か月ほどで楽しめる野菜にも注目してみました。間引きが必要ですが、スプラウトのような感覚でサラダとしていただけるのが魅力です。

<ルッコラ>

種まきから30~40日ほどで収穫できてしまうので英語ではロケットと言われています。

イタリアのサラダ料理にはかかせないルッコラ。ゴマ風味とほんのりした辛みが特徴です。

<ラディッシュ>

二十日大根の和名を持つラディッシュ、種まきから30日前後で収穫できます。彩りもカラフルで元気が出ますね。

参照:藤田智監修「ベランダ畑」家の光協会


5月のこれぞ旬といえば。年に一度の新茶の季節を味わおう

立春から数えて88日目にあたるのが「八十八夜」。これを過ぎると茶摘みが始まり新茶が出回るのが毎年のことです。お茶愛好家が楽しみにしている季節でもありますね!

2021年は5月1日。新茶予約や販売が始まっています。さわやかなグリーンの色、豊かな香り、ふくよかな味わいは年に一度のお楽しみ。自分へのプレゼントや母の日プレゼントにもよいかもしれませんね。

渋み成分のカテキン(ポリフェノールの一種)は80度以上の高温で、旨み成分のアミノ酸は50度以上の低温で溶け出しやすいとされています。煎茶の場合、渋みを抑えて旨み成分を引き出す70~80度でバランスのよい美味しさが引き出せるとされています。

より旨み成分を引き出したい玉露は、50度程度の低温でじっくりと、逆に香りが特徴の玄米茶・ほうじ茶などは100度の熱湯を使用して、香りや渋みの成分を引き出します。

<新茶の淹れ方は?>

新茶は、若葉で渋み成分が少なく旨み成分が多いため、お好みによって、淹れ方を工夫するとよいでしょう。いつもよりやや高めにさっと淹れると、渋みと旨みのバランスがほどよいお茶がいただけます。

一方、70度の低い温度でじっくり淹れると、旨み豊かな味わいとなります。

いずれもやってみたいですね!

<70~80度で煎茶を淹れるには?>

沸騰したお湯を茶碗から茶碗へと移し替えると、5~10度下がると言われています。何度か移しながらお目当ての温度にしていきます。

参照:

伊藤園/お茶百科 新茶のおいしいいれ方コロナ禍では、脅威へのフォーカスが機能し、「怒り」「不安」「恐怖」「嫌悪」「不満」といった感情が高まりやすいと言われています。そのこと自体はこのような状況下での正常な反応であり、大事なサインではあります。

でも、だからこそ心身のバランスや大事な人間関係を崩さぬよう、めぐってくる季節や普段の生活で「満足感」「人とのつながり」「穏やかさ」「優しさ」などとつながるものへの意識を高め、キャッチアップしていけるとよいですね。自分らしく健やかに過ごせますように。素敵なGWをお過ごしください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい