東日本大震災から10年 復興記念桜は大きく生長し満開 現地から今伝えたい想い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東日本大震災から10年 復興記念桜は大きく生長し満開 現地から今伝えたい想い

tenki.jp
満開の復興記念桜とブルーインパルスの描いた白煙

満開の復興記念桜とブルーインパルスの描いた白煙

満開のソメイヨシノ

満開のソメイヨシノ

大きくなったシダレザクラと東松島市鹿妻自治会のお二人

大きくなったシダレザクラと東松島市鹿妻自治会のお二人

ソメイヨシノとブルーインパルスの描いた白煙

ソメイヨシノとブルーインパルスの描いた白煙

東松島市鹿妻自治会の皆さま(中央右が自治会長の齋藤さん)

東松島市鹿妻自治会の皆さま(中央右が自治会長の齋藤さん)

復興記念桜と矢本横穴墓群

復興記念桜と矢本横穴墓群

東松島市復興記念桜の地図

東松島市復興記念桜の地図

東日本大震災から10年。植樹から9年を迎える宮城県東松島市の「復興記念桜」はどのようになっているのでしょうか。現地で桜の生長を見守る皆さまと共に、満開の桜の様子をお伝えします。


今年で9年目 「春を報(しら)せる百円玉プロジェクト」

今年2021年3月11日、東日本大震災から10年を迎えました。

日本気象協会では、震災から翌年の2012年に「春を報(しら)せる百円玉プロジェクト」として、皆さまから募金を募り、東日本大震災の被災地に桜を咲かせるために桜の木の植樹を行いました。このプロジェクトの第1回目の植樹となったのが、宮城県東松島市の鹿妻地区の「復興記念桜」です。植樹からまもなく9年を迎えますが、今年も現地から満開の便りが届きましたので、その様子をお伝えします。

さて、震災から10年が経った2021年の桜の様子はどうなっているのでしょうか。


ソメイヨシノとシダレザクラはより一層大きく生長し満開

4月中旬、今年で植樹から9年目を迎える桜の木は、最後に取材した2019年よりもさらに大きく生長し、どの木も見上げるほどの高さにまでなりました。特にシダレザクラは、2019年の取材時はまだひょろりとした印象だったものの、今では幹が太くなり、枝のボリュームも増しました。

一方で、大きくなった分、この先はシダレザクラの枝の剪定(せんてい)作業なども行わなければならなそうです。まだまだ課題は残ります。


青空のもとブルーインパルスが飛行 桜と白煙のコラボレーションも

東松島市には航空自衛隊松島基地があり、タイミングが良ければ、航空自衛隊のブルーインパルスによる飛行訓練の様子を見ることができます。

この日もダイナミックなジェット音のする方向に目を向けると、白煙でいくつかの輪を描く様子も。満開の復興記念桜とブルーインパルスの白煙のコラボレーションを見ることができました。


東日本大震災から10年 東松島市の皆さんの想いは

桜の生長を日々見守り、手入れをしてくださっているのは、自治会長の齋藤さんをはじめ、東松島市鹿妻地区の皆さまです。

実際に津波を経験した被災者でもある皆さまに、お話を伺いました。■震災から10年を振り返っていかがでしょうか

「震災直後のことを思い出すと"悲惨"の一言です。道路は自転車でも通れない、電気水道がない。住宅の周りは津波の黒い海水、家は壊されました。宮城の人間は、地震には慣れているものの津波には驚きました。先の全く見通せない状況に愕然としたものです。あれから10年の歳月を経て、多くのみなさんのお力添えで立ち直りつつある状況に、人間は強いなあの一言です。」■鹿島地区の皆さまにとってこの復興記念桜はどのような存在でしたでしょうか

「この桜からは元気をもらっています。この地区には、家も家族も流されたような人も移り住んでいます。今は幸せそうに見えるけど、ほんとに幸せなのかどうかはわかりません。そのような人たちにもこの桜は心の支えになっていると良いです。」■全国の皆さんに向けてメッセージをお願いします

「感謝しかありません。ご厚意に対し、心から御礼を申し上げます。先日、新聞に"がんばろう"の看板を3代目に掛け替えたという記事がありました。被災者が大いに”がんばった”こともあると思いますが、全国のみなさんの声援がなければ10年でここまで復興はなかったように思います。心から御礼を申し上げます。」


次の10年へ この先も桜と共に

震災から10年が経ち、当時の記憶が徐々に風化されていく一方で、桜は毎年少しずつ生長し、綺麗な花を咲かせています。

いつか、震災を知らない子供たちがこの場所を訪れたとき、桜を前に心を和ませることでしょう。鹿妻地区の皆さまも「この復興記念桜を目的にたくさんの方がこの東松島に足を運んでくれると嬉しい」とお話ししてくださいました。「復興記念桜」があるのは、古墳時代から奈良・平安時代まで使用されていた「矢本横穴墓群」という遺跡のすぐそばでもあります。

実はこの遺跡、2020年末に「赤井官衙遺跡群」として、国の史跡に指定されることになりました。

将来、立派に生長した桜の並木にたくさんの人々が憩い、歴史ある矢本横穴墓群と共に、桜の名所となる日が来るかもしれません。日本気象協会は、この先も東松島市鹿妻地区の皆さまと一緒に「復興記念桜」を見守っていきたいと思います。


東松島市 復興記念桜のアクセス

桜は、一般の方も見学可能です。

※現在は、新型コロナウイルス感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

住所:宮城県東松島市矢本上沢目

アクセス:(電車)JR仙石線 鹿妻駅から徒歩約15分/(車)三陸自動車道 鳴瀬奥松島ICから約10分

※車でお越しの際は、願成寺様を設定されると近くまでお越しいただけます。 鳴瀬奥松島ICからお越しの場合、願成寺様の少し手前にチェーン着脱場があり、そこから畑をはさんだ場所が復興記念桜が植えられた市道です。

----~春を報(しら)せる百円桜プロジェクト トップへ~


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい