春服として一着は持っておきたいライトアウター8種を紹介 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春服として一着は持っておきたいライトアウター8種を紹介

tenki.jp

春になると徐々に気温が上昇し、暖かい陽気に包まれる日も増えてきます。ただ、うっかり薄着で出掛けてしまうと、思いがけず肌寒さを感じてしまうこともあります。季節の変わり目はただでさえ体調を崩しやすいので、ライトアウターでしっかり防寒対策しましょう。

今回は、春に重宝するおすすめのライトアウターを、レディース・メンズ別にご紹介します。


春にライトアウターが重宝される理由

ライトアウターとは、一般的なアウターに比べて生地が薄い羽織り物のことです。防寒がメインの秋冬アウターとは異なり、春~初夏にかけて活躍するライトアウターは、通気性が良く、軽いところが特徴です。

なぜ春にライトアウターが重宝されるのかというと、4~5月は朝と昼の寒暖差が大きいためです。

たとえば東京における4~5月の最高気温の平年値は19~23℃ですが、最低気温は9~14℃と、およそ10℃ほどの落差があります。[注1]日中は長袖一枚で過ごせる陽気でも、朝の出勤時や、夕方の帰宅時には肌寒さを感じることが多いでしょう。そんなとき、さっと羽織れるライトアウターがあれば、手軽に寒さをしのげて、一日中快適に過ごすことができます。

また、基本的に外出時は一日中着っぱなしの秋冬アウターに比べると、軽量で薄手のライトアウターは脱ぎ着しやすく、持ち運びやすいところも春に重宝される理由の1つです。

[注1]気象庁:東京 平年値(年・月ごとの値)主な要素


【レディース編】春に持っておきたいライトアウター4選

女性が春に持っておきたいライトアウターの種類を4つ厳選してご紹介します。

■1. テーラードジャケット

テーラードジャケットとは、スカートやパンツとセットになっていない単体のジャケットのことです。一般的なスーツの上着と比べるとややカジュアルなシルエット・デザインのものが多く、きちんと感を出したいときにおすすめのアウターです。オフの日はもちろん、通勤服にも使える2WAY服なので、日常的に着回すことができます。

■2. ノーカラーコート

ノーカラーコートとは、襟(カラー)のないコートのことです。襟がないぶん首回りがスッキリしているので、春にさらっと着こなしたい方におすすめです。気温が高い日は袖を通さず、肩に掛けて羽織ると大人っぽい雰囲気を演出できます。

■3. トレンチコート

合わせる服を選ばないトレンチコートは、春の定番ライトアウターの1つです。ハンサムなイメージのあるトレンチコートですが、ワンピースやロングスカートと合わせれば、甘すぎないシックなフェミニンスタイルにまとめることができます。脚長効果を出したいときは、ショート丈トレンチにセンタープレスのパンツなどを合わせと、すらりとしたシルエットになります。

■4. マウンテンパーカー

動きやすさや機能性を重視するなら、防水&軽量のマウンテンパーカーを羽織ってお出かけしましょう。春の通り雨はもちろん、梅雨入りの時期にも重宝するので、1枚持っておくと便利です。カジュアルでラフな雰囲気がありますが、フェミニンスタイルの上から羽織れば、かちっとし過ぎない着崩しファッションを楽しめます。


【メンズ編】春に持っておきたいライトアウター4選

続いて、男性が春に持っておきたいライトアウターを4つご紹介します。

■1. デニムジャケット

デニムジャケットは、1年を通して活躍するオールマイティなライトアウターです。春らしいカラーパンツと合わせてカジュアルにまとめてもいいですし、シャツとスキニーパンツを組み合わせてきれいめスタイルに仕上げてもOK。手持ちのトップス、ボトムスに合わせて着丈やカラーを選ぶと、バランスの良いスタイルになります。

■2. テーラードジャケット

レディースに続き、メンズにもおすすめのテーラードジャケットは、スッキリしたコーディネートにまとめたい時におすすめです。プライベートにはもちろん、オフィスカジュアルにも活用できる万能アイテムなので、1枚持っておくとさまざまなシーンに着回せます。あえてスラックスなどのカジュアルアイテムと合わせて、着崩してみるのもアリでしょう。

■3. ミリタリージャケット

ブームが続くMA-1を筆頭に、春のカジュアルコーデの定番となりつつあるミリタリージャケット。テーラードジャケットに比べるとややボリュームが出るので、インナーやボトムスはタイトなアイテムと合わせるのがおすすめです。シンプルながら男らしいスタイルに仕上がるので、デート時のファッションにも重宝します。

■4. ステンカラーコート

後ろ襟が高く、前襟が低めに作られているステンカラーコートは、小顔効果を期待できるライトアウターです。正面から見ると、裾に向かって広がるAラインになっているので、ステンカラーによる小顔効果と合わせると、よりスマートな印象を与えられます。通勤や外回り営業時のビジネスコートとしても活用できるので、オンオフどちらにも使えるライトアウターが欲しい方にぴったりです。


春は気軽に羽織れるライトアウターを準備しよう

春は朝晩の寒暖差が大きいので、手軽に体温調節できるよう、薄手のライトアウターを1枚は持っておきたいところです。春に重宝するライトアウターには、トレンチコートやテーラードジャケット、ステンカラーコートなどいろいろな種類がありますが、それぞれテイストや特徴が異なりますので、好みやシーンに合ったアイテムを選びましょう。

ライトアウターを着ていくべきか迷ったら、天気予報専門メディア「tenki.jp」をチェックするのがおすすめです。その日の天気や予想気温、「服装指数」などが公開されていますので、ぜひお役立てください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい