「復興」は「復旧」にあらず  3.11被災地のその後を見つめて

2021/03/10 11:00

前回は被災当時に自分の身の回りに起きた出来事を紹介させていただきましたが、今回は生活が落ち着いてから、10年後の今日に至るまで、私自身が日本気象協会の気象予報士として、防災にかかわる立場として、被災地の変化をどのように見てきたのか、触れたいと思います。

あわせて読みたい

  • 気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

    気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

    週刊朝日

    10/22

    3・11 震災の記憶

    3・11 震災の記憶

    tenki.jp

    3/11

  • 3.11から10年 災害から得た教訓を未来につなぐ

    3.11から10年 災害から得た教訓を未来につなぐ

    tenki.jp

    3/11

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    dot.

    3/11

  • 東日本大震災から10年 津波被災体験を振り返る  いつまでも忘れない 現実から目をそらさないで

    東日本大震災から10年 津波被災体験を振り返る  いつまでも忘れない 現実から目をそらさないで

    tenki.jp

    3/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す