真冬の防寒対策に帽子がおすすめ!暖かくて人気の3タイプ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真冬の防寒対策に帽子がおすすめ!暖かくて人気の3タイプ

tenki.jp

真冬は空気が冷たく、頭皮や耳にも厳しい寒さを感じる季節です。そんなときは、あったか帽子をかぶって、首から上もしっかり防寒対策するのがおすすめです。帽子と一言にいってもいろいろなタイプがありますので、自分の好みやニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

今回は、真冬の防寒対策に帽子をおすすめする理由や人気のタイプ、コーディネートのポイントなどをまとめました。


真冬の防寒対策に帽子をおすすめする理由

帽子は手袋やマフラーと並んで、真冬の三大防寒アイテムといわれています。なぜ真冬の防寒対策に帽子がおすすめなのか、その理由を2つご紹介します。

■1.頭部や耳の寒さを防げる

真冬になると空気そのものが冷えるため、肌が露出している部分はもれなく寒さを感じるようになります。首から下は、冬用の衣類やマフラー、手袋などで防寒できますが、頭部はむき出しの状態になってしまうので、頭皮や耳が冷えてしまいます。頭部や耳をカバーできる帽子をかぶれば、真冬の冷たい空気をシャットアウトしてくれるので、寒さや冷えを感じにくくなります。

■2.頭皮トラブルの予防に役立つ

真冬は空気が乾燥しているため、皮膚のうるおいが失われやすい季節です。頭皮が乾燥すると、外的ダメージに弱くなり、炎症やふけといった頭皮トラブルが起こりやすくなります。[注1]また、髪の毛は血液が運んでくる酸素や栄養素によって生成されているため、頭部が冷えて血行が悪くなると、抜け毛や細毛に悩まされる可能性があります。帽子をかぶると、冬特有の乾燥から頭皮を守ることができるので、頭皮トラブルの予防に役立ちます。

[注1]

ロート製薬:6人に1人が頭皮トラブル!?頭皮湿疹の4つの原因とは?

医療法人裕心会 いわい中央クリニック:頭皮の湿疹について


真冬の防寒対策におすすめの帽子タイプ3選

冬用の帽子にはさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。ここでは、真冬の防寒対策にとくにおすすめの帽子タイプを3つご紹介します。

■1.スタンダードなニット帽

暖かい毛糸で編まれたニット帽は、冬用帽子の定番アイテムのひとつです。ニット帽にもさまざまな種類がありますが、最もスタンダードなのは折り返しのないシングルニットと、折り返しのあるダブルニットの2タイプです。ニットは伸縮性に富んでいるので、かぶる深さを調整すれば、耳を出すことも隠すことも可能です。また、ニット生地は保温性と通気性にも優れているため、頭部を温めながら、蒸れを防げるところもうれしいポイント。蒸れは頭皮トラブルの原因になることがありますので、頭皮環境を健やかに保ちつつ、しっかり防寒対策したいという方にもおすすめです。

■2.フライトキャップ

フライトキャップとは、耳当てがついている帽子のことです。耳当て部分をおろせば、耳をすっぽりカバーすることができるので、真冬の防寒対策にぴったりです。耳当ては頭部にまとめることも可能で、下したときとは異なるファッション性を楽しめます。より防寒性を高めたい場合は、耳当て部分がボアやファー仕様のものを選ぶとよいでしょう。

■3.ベレー帽

秋~冬にかけて人気の出るベレー帽は、シンプルながらトレンド感あふれるデザインが魅力。カジュアル系にもきれいめスタイルにも合わせやすいので、ひとつ持っておくと便利に着回すことができます。ベレー帽はフェルト生地のものが主流ですが、真冬の防寒対策には、保温性や吸湿性に優れたウール生地を選ぶのがおすすめです。


【タイプ別】帽子コーデのポイント

帽子を取り入れた真冬コーデのポイントを、帽子のタイプ別にまとめました。

■ニット帽はワントーンでまとめて大人っぽさを演出するか、アクセントとして使うのがおすすめ

ニット帽はかわいらしいイメージが強いぶん、やや子どもっぽい印象に仕上がってしまいがちです。そんなときは、思い切って全体のトーンをひとつにまとめてみましょう。帽子を含む全身をワントーンに仕上げると、シックな印象になり、大人っぽさがぐっと増します。逆に、重くなりがちな真冬コーデに悩んでいるのなら、差し色として赤やイエローのニット帽をかぶると、メリハリのあるスタイルになります。

■フライトキャップはベーシックなスタイルに合わせるのがおすすめ

内側がボアやファーになっているフライトキャップは、耳当て部分を頭部でまとめると、しっかりとしたボリュームが出ます。そのぶん、全体のコーディネートをシンプルにまとめれば、バランスがよく、こなれたスタイルを作ることができます。逆にボリュームを抑えたい場合は、黒やネイビーなどの引き締めカラーを取り入れたフライトキャップを選びましょう。耳当て部分だけでなく、全体がファーやボア仕様になっているものはガーリーな印象を与えるので、メンズライクなスタイルとの相性も抜群です。

■ベレー帽でクラシカルなスタイルを演出

デザインがシンプルなベレー帽は、どんなスタイルにも合わせやすい万能キャップです。なかでもクラシカルなファッションとの相性がよいので、チェックやベージュなど、ノスタルジックな雰囲気のアイテムと組み合わせるのがおすすめです。ベレー帽自体にはさほどボリュームがないので、フレアスカートやワイドパンツと組み合わせてもスッキリとしたシルエットに仕上がります。


真冬コーデにはおしゃれで暖かい帽子を取り入れよう

寒さの厳しい真冬には、頭部や耳を温めてくれる帽子をかぶり、しっかり防寒対策する必要があります。冬の定番帽子には、ニット帽やフライトキャップ、ベレー帽などさまざまな種類がありますので、その日のファッションに合わせておしゃれにコーディネートしてみましょう。

日本気象協会が運営する「tenki.jp」では出かける前に参考にしたい服装指数を掲載しています。

天気や予想気温をもとに、おすすめのコーディネート例が掲載されているので、防寒対策としてニット帽やベレー帽などを身につけるのに最適な日がわかります。毎日の服装選びにぜひご活用ください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい