夜のもっとも長い「冬至」人々はどのように過ごしてきたのでしょう?

2020/12/21 20:30

昼の時間が最も短くなる日、それが「冬至」ですがこの日を境に日脚はしだいに延びて春に近づきます。とはいえ寒さは厳しさを増していくのがこの頃です。年が押し迫っての季節の行事は、慌ただしさの中にホッとひと息つける癒しがありますね。残り少ない日々ですが抱えていることは山盛りではありませんか? そんな時ですが「冬至」について、先人たちが何を思いどんな意味を込めたのか、ちょっと知りたくありませんか。

あわせて読みたい

  • 天体の運行とともに生きてきた人々の智恵「冬至」

    天体の運行とともに生きてきた人々の智恵「冬至」

    tenki.jp

    12/21

    一陽来復!江戸時代から続く冬至の日の過ごし方。東京・早稲田「穴八幡宮」で金運UP

    一陽来復!江戸時代から続く冬至の日の過ごし方。東京・早稲田「穴八幡宮」で金運UP

    tenki.jp

    12/21

  • 二十四節気「冬至」。これから一陽来復と行きましょう!

    二十四節気「冬至」。これから一陽来復と行きましょう!

    tenki.jp

    12/21

    冬至にかぼちゃを食べるわけ。知っとくと楽しい「冬至」のあれこれ

    冬至にかぼちゃを食べるわけ。知っとくと楽しい「冬至」のあれこれ

    tenki.jp

    12/18

  • 【生活スタイル】一年で最も日が短くなる冬至=日が伸び始めるスタートの日

    【生活スタイル】一年で最も日が短くなる冬至=日が伸び始めるスタートの日

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す