冬の夜。澄んだ月の光と雪と~平安文学に見られる冬の夜~《前編》

2020/12/19 20:30

日々寒さが増し、本格的な冬になってきました。明るい昼でも閉じこもりがちな季節ですが、夜はどうでしょう。春・夏・秋の夜には、それぞれの楽しみが想像できます。しかし、冬の夜に昔の人は何を見て、どのような思いで過ごしていたのでしょうか。今回は平安時代の文学で冬の夜がどのような評価を受け、和歌に詠まれていたかを中心に紹介します。

あわせて読みたい

  • 春秋を超える美しさ。風雅の人を魅了した冬の月と雪~平安文学に見られる冬の夜~《後編》

    春秋を超える美しさ。風雅の人を魅了した冬の月と雪~平安文学に見られる冬の夜~《後編》

    tenki.jp

    12/28

    紅葉を隠す秋の霧~平安和歌に見られる霧~

    紅葉を隠す秋の霧~平安和歌に見られる霧~

    tenki.jp

    11/13

  • 梅は春の喜びをあらわす花~平安前後の和歌に見られる梅~

    梅は春の喜びをあらわす花~平安前後の和歌に見られる梅~

    tenki.jp

    2/27

    春の訪れは霞のベール~平安前後の和歌に見られる霞~

    春の訪れは霞のベール~平安前後の和歌に見られる霞~

    tenki.jp

    2/15

  • 実は、七夕は秋の行事です~平安和歌に見られる七夕の歌~

    実は、七夕は秋の行事です~平安和歌に見られる七夕の歌~

    tenki.jp

    7/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す