11月20日「えびす講」を知っていますか?謎の神「エビス」の正体は?

2020/11/20 09:00

11月20日は、主に東日本の各地でエビス神に捧げものをして商売繁盛を願う「えびす講」が行われます。「エビス」というと、七福神の一柱として、片手に釣竿、脇に鯛を抱え、烏帽子に狩衣、ドジョウひげを蓄えた恰幅のよい神様の姿は、誰もが思い浮かべることが出来るのではないでしょうか。あるいはビールのブランド名や、その由来の山手線の駅名を思い浮かべる人も多いかもしれません。日本の在来神の中でもメジャー感抜群の反面、その名の起源すら不明の不可思議な神様でもあります。「エビス」の謎めいた笑顔の正体に迫ってみましょう。

あわせて読みたい

  • もうすぐ七夕!七夕デートを楽しめる話題のスポット〈関西編〉

    もうすぐ七夕!七夕デートを楽しめる話題のスポット〈関西編〉

    tenki.jp

    6/28

    “福男”で有名な西宮神社 文楽では婚活スポットだった!

    “福男”で有名な西宮神社 文楽では婚活スポットだった!

    週刊朝日

    12/31

  • 商人ならば知っておきたい「えびす講」とは?

    商人ならば知っておきたい「えびす講」とは?

    tenki.jp

    11/5

    【神無月】神様が留守の間、人々を守ってくれるのは?

    【神無月】神様が留守の間、人々を守ってくれるのは?

    tenki.jp

    10/26

  • 令和はじめの厄除け・厄祓い♪ 関西の初詣スポット4選

    令和はじめの厄除け・厄祓い♪ 関西の初詣スポット4選

    tenki.jp

    1/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す