太陽は死に、そしてよみがえる。一年の終わりにして始まりの月・和風月名「霜月」考

2020/11/01 17:00

旧暦十一月中に冬至は必ず訪れ(王朝時代には十一月朔日に冬至があたると、『朔旦冬至』と呼び、縁起のよいものとして祝われました)、したがって十一月は十二支を月にあてはめた十二月建では筆頭の子月となります。新暦(グレゴリオ暦)に生きる私たちには11月は立冬を迎えるものの、まだまだ秋の行楽シーズンにあたりますが、旧暦時代はもっとも太陽の光が遠のき、夜が長くなる冬の底の季節であるとともに、再び太陽が北半球へと戻るサイクルに入る始まりの月でもあったのです。古代中国の王朝・周(B.C.1046年頃~B.C.256年)では、建子月=十一月を正月としていました(建子月をはじまりの月とする暦を周正といいます)。その特徴をもとに、「霜月」について考えてみましょう。

あわせて読みたい

  • 最恐・最悪の大害虫!? でも、もしスズメバチが全ていなくなったら…

    最恐・最悪の大害虫!? でも、もしスズメバチが全ていなくなったら…

    tenki.jp

    9/1

    巣を撤去せず“ウィズ・コガタスズメバチ” 作家・黒川博行が決断した事情
    筆者の顔写真

    黒川博行

    巣を撤去せず“ウィズ・コガタスズメバチ” 作家・黒川博行が決断した事情

    週刊朝日

    10/29

  • 古代日本人の生活と古き日本列島の姿が込められている?「和風月名」総浚(ざら)え

    古代日本人の生活と古き日本列島の姿が込められている?「和風月名」総浚(ざら)え

    tenki.jp

    1/7

    スズメバチは「黒だけ攻撃する」は誤解 プロに聞く正しい対策

    スズメバチは「黒だけ攻撃する」は誤解 プロに聞く正しい対策

    週刊朝日

    10/30

  • 3月8日「みつばちの日」。ミツバチの社会から私たち人間が学ぶべきこととは

    3月8日「みつばちの日」。ミツバチの社会から私たち人間が学ぶべきこととは

    tenki.jp

    3/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す