カーディガンを着るべき時期はいつからいつまで? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カーディガンを着るべき時期はいつからいつまで?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

簡単に脱ぎ着できるカーディガンは、年齢や性別を問わず愛されるファッションアイテムのひとつです。ただ、ジャケットなどの上着に比べると生地が薄手なので、着る時期に悩む方も少なくないでしょう。今回は、カーディガンを着るのに適した時期がいつからいつまでなのか考えます。主な素材や、季節ごとにおすすめのカーディガンも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


カーディガンにはさまざまな素材がある!

カーディガンの素材に関する基礎知識をチェックしておきましょう。カーディガンに使用する素材はさまざまで、それぞれ着用に適した時期も変わってきます。

ここでは、カーディガンに使われる主な素材を4つご紹介します。

■1. ウール

羊の毛を用いた天然繊維です。保温性と吸湿性が高いため、汗をかいてもさらっと着こなせるでしょう。ほかにも、静電気が起きにくい、抗菌・消臭効果があるなどの点が魅力です。

■2. アクリル

柔らかく、肌触りのよい化学繊維です。保温性はもちろん、耐久性も高く、簡単にお手入れできることから、普段使いのカーディガンとして多くの人に愛用されています。

■3. コットン

綿を原料とした天然繊維です。着心地が軽く、肌にもやさしいので、ストレスなく着られるところが特徴です。ウールやアクリルには劣るものの、保温性は高く、使い勝手のよいカーディガンとして愛用している人も少なくありません。

■4. リネン

亜麻の繊維で作られた布地です。吸湿速乾性に長けており、暑い時期でも蒸れずにさらっと着こなせます。また、生地そのものにハリがあるので、体にまとわりつかず、風通しのよい素材として知られています。

以上、カーディガンに使われる主な素材をご紹介しました。上記のほか、綿混や麻混など、複数の素材を織り交ぜて作ったカーディガンもあります。


【季節別】おすすめカーディガンを紹介

カーディガンは素材別に使い分ければ、オールシーズン着用できる便利なアイテムです。季節別に、おすすめのカーディガンをご紹介します。

■1. 春先は綿混や麻混素材のカーディガンがおすすめ

春先は軽い着心地のコットンや、通気性のよい麻を混ぜた綿混・麻混素材のカーディガンがおすすめです。この時期は、冬の厳しい寒さこそ緩んでいるものの、薄手の服一枚で過ごすには肌寒いという日が少なくありません。しかし、ウール素材は秋冬のイメージが強く、やや暑苦しい印象になってしまいがちです。暖かさが増してきたら、コットン100%やリネン100%のカーディガンでも快適に過ごせるでしょう。

■2. 夏はリネンやコットン素材のカーディガンがおすすめ

暑い夏場でも、エアコンによる冷え対策や、紫外線対策にカーディガンが役立ちます。通気性や涼感のある素材のカーディガンを選ぶのがポイントです。リネンやコットンのカーディガンなら、汗をかいても蒸れにくいので、暑い季節でも心地よく着こなせるでしょう。

■3. 秋はアクリル・ウール素材のカーディガンがおすすめ

暑い夏が終わり、昼は涼しさを、夜はやや肌寒さを感じる秋には、アクリルやウール素材のカーディガンを着用しましょう。保温性に長けたアクリルやウールなら、薄手のカーディガンでも秋口の肌寒さを防ぐことができます。また、暑さが残る初秋は七分袖、秋が深まる時期にはロング丈と使い分けるのもおすすめです。

■4. 冬はウール100%のカーディガンがおすすめ

寒い冬場は高い保温性をもつウール100%のカーディガンがおすすめです。寒さの厳しい冬場ですが、屋内に入ると暖房が効いているので、室温によっては汗をかくこともあります。ウール100%素材なら、吸湿性に長けており、汗をすぐ発散させてくれるので、ベタつきや蒸れに悩まされる心配も少ないでしょう。

アクリルカーディガンも温かく、重宝します。ただし、ウールに比べて静電気が発生しやすいので、空気が乾燥している冬場に着用すると、人によってはストレスを感じるかもしれません。


毎日の気温に合わせてカーディガンを上手に活用しよう

カーディガンの素材は、ウールやアクリル、コットンなど、さまざまです。素材によって、保温性や通気性などが異なります。四季に合わせて適切な素材のカーディガンを選べば、いつからいつまでといった期限を設けず、オールシーズン着こなせるでしょう。

ただ、季節の変わり目など気温の変動が大きいときは、どのカーディガンがよいのか悩んでしまうところです。そんなときは、「日本気象協会」の服装指数を参考にしましょう。服装指数とは、朝晩や日中の予想気温から、どんな服装が適しているかを数値で表す指標のことです。たとえば服装指数60なら長袖シャツやカットソー、服装指数70なら半袖+カーディガンで過ごすとちょうどよいなど、その日の気温・天気に適した服装をチェックする目安になります。服装指数は特定の地域を選択すれば、朝・昼・夜の3つに分けて掲載されています。毎日のカーディガン選びに、ぜひご活用ください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい