あなたはスカート派orパンツ派?季節別のメリット・デメリット 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あなたはスカート派orパンツ派?季節別のメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

女性はボトムスをスカートとパンツの2種類から選べるぶん、男性よりもファッションスタイルの幅が広いです。スカート派か、パンツ派かは個人の好みによりますが、季節別に見るとそれぞれにメリット・デメリットがあります。過ごしやすさを重視するなら、季節や気温に合わせてスカートとパンツを上手に使い分けてみましょう。今回は、季節別にスカート派とパンツ派のメリット・デメリットをご紹介します。


【季節別】スカート・パンツのメリット・デメリット

スカートとパンツのメリット・デメリットを、春夏秋冬の季節別にまとめました。ファッションスタイルを見直したい方や、季節ごとのお悩みを解決したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

■春にスカート・パンツを履くメリット・デメリット

寒さの厳しい冬が終わり、暖かい風を感じられるようになる春は、ひらひらと揺れるスカートが最も似合う季節といわれています。ふんわりと軽やかに揺れるスカートは女性らしさ抜群で、手軽にかわいらしさを演出できます。ただ、春は一年で最も強風が吹きやすい季節でもあるため、屋外で過ごす時は注意が必要です。その点、パンツルックは華やかさこそスカートに劣るものの、強風を気にする心配がないので、屋外でも活発に動けるところが特徴です。

■夏にスカート・パンツを履くメリット・デメリット

暑い夏場は通気性のよいスカートを履いた方が涼しく、快適に過ごせます。ただ、エアコンが効いた部屋で過ごす場合、足元が冷えやすくなります。特に膝丈スカートやミニスカートを履いていると、肌の露出が大きいぶん、強い冷えを感じやすいので注意が必要です。一方、パンツルックは冷房対策に有効ですが、スカートに比べると通気性がやや劣ります。夏場でもパンツで心地良く過ごすには、涼感のある素材を選ぶ必要があるでしょう。

■秋にスカート・パンツを履くメリット・デメリット

秋は本来、夏の暑さが落ち着いてくる時期ですが、最近は9月に入っても暑さに悩まされる日が多くなっています。とはいえ、夏のファッションを取り入れることにやや抵抗を感じる時期でもありますので、秋色カラーで季節のトレンドを押さえつつ、通気性も確保できるスカートは一石二鳥のアイテムといえます。秋は台風の影響を受けやすい時期なので、春同様、強風に注意する必要もあります。スカート派の方も、風対策として秋用のパンツを1~2着は用意しておいた方が安心です。また、秋は日中暖かくても、夜になると急に気温が下がる時期でもあります。お出かけ前に昼と夜の気温差をチェックして、通気性のよいスカートを選ぶか、冷え対策に役立つパンツを選ぶかを決めた方がよいでしょう。

■冬にスカート・パンツを履くメリット・デメリット

スカートは下に厚手のタイツやレギンスを着用できるので、パンツを一枚で履くよりも下半身をしっかり温めることができます。ただ、重ね履きするとどうしても着ぶくれしてしまい、下半身にボリュームが出てしまうところがネックです。その点、パンツルックは体のラインをきれいに見せることができますが、素材選びを誤ると冬場の寒さを乗り切れなくなるので要注意です。


気温に合わせて選びたいスカート・パンツの素材と種類

スカートやパンツはさまざまな素材で作られており、それぞれ機能や特徴が異なります。気温に合わせて最適な素材のスカート・パンツを着用すれば、よりおしゃれで快適なファッションスタイルを楽しめるでしょう。ここでは気温に合わせて選びたいスカート・パンツの主な素材を4種類ご紹介します。

■1. 暖かい日におすすめのチュール

薄手で軽いチュールスカートは、春や夏など暖かい季節におすすめのファッションです。軽やかに揺れるシルエットはガーリーな印象を与えますが、モノトーンやネイビーなど落ち着いた色を選べば、大人っぽいシックな雰囲気にもなります。

■2. 通気性がよく涼やかなレース

透け感のあるレーススカートは、実際の通気性だけでなく、見た目にも涼やかなところがポイントです。普段使いはもちろん、ちょっとフォーマルな席にも重宝するオールマイティなスカートとして人気です。

■3. 保温性が高いレザー

風を通しにくく、保温性が高いレザーは、秋冬ファッションの定番素材です。大人っぽいイメージが強いですが、フレアスカートやギャザースカートならカジュアルでかわいい雰囲気も演出できます。

■4. 一年通して着こなせるデニム

カジュアルファッションの定番であるデニム素材は、スカートやパンツはもちろん、ジャケットなど幅広いファッションに用いられています。通気性はそれほど高くありませんが、ミニスカートやショートパンツなどにも加工できるので、一年通して便利に着こなせます。


スカート派もパンツ派も服を選ぶ前に天気・気温をチェックしよう

スカートとパンツにはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットは季節ごとに異なります。天気や気温に合わせて適切な服装を選ばないと、暑さや冷えに悩まされたり、活動の妨げになったりしますので、お出かけ前にその日の天気や気温をチェックする習慣をつけましょう。

日本気象協会が運営する「tenki.jp」では、毎日の服装選びに役立つ「服装指数」をサイト上で公表しています。その日の天気や気温の変動に合わせて、地域ごとの服装指数と、おすすめの服装の目安を日々お届けしています。服装指数は10日先まで確認できますので、毎日のお出かけにはもちろん、旅行の準備にもぜひお役立てください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい