「盂蘭盆会」亡くなられた方々を供養するごとく「蓮の花」が開きます

2020/07/15 20:30

「盂蘭盆(うらぼん)」とは古代インドのサンスクリット語のウランバナの音を当てたものです。釈尊のお弟子のひとり、目蓮尊者が餓鬼道に苦しんだ亡母を救いたいと、お釈迦様に授けられた秘法を修し、飲食の供養をして母を救い上げたとされる『盂蘭盆経』に由来しています。先祖がそれぞれの家へもどるといわれる「お盆」。東京を中心とした地区では7月のこの時期に行っています。7月13日の夕刻「迎え火」を焚いてお迎えし、15日「盂蘭盆会」でご供養したあと、16日の夕方に「送り火」で送ります。「盂蘭盆会」が終わるとそろそろ梅雨も明けていきます。季節は進み蓮池では花が見ごろをむかえます。

あわせて読みたい

  • 心洗われる美しさ── 蓮の花を観に行こう♪~東日本編~〈レジャー特集|2018〉

    心洗われる美しさ── 蓮の花を観に行こう♪~東日本編~〈レジャー特集|2018〉

    tenki.jp

    6/9

    「盂蘭盆会」に灯りでご先祖をお迎えしませんか

    「盂蘭盆会」に灯りでご先祖をお迎えしませんか

    tenki.jp

    7/15

  • ハスは睡蓮ではなくマカダミアナッツの仲間?七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

    ハスは睡蓮ではなくマカダミアナッツの仲間?七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

    tenki.jp

    7/12

    「盂蘭盆会(うらぼんえ)」…供養する心とその形

    「盂蘭盆会(うらぼんえ)」…供養する心とその形

    tenki.jp

    8/14

  • 心洗われる美しさ──蓮の花を観に行こう♪~西日本編~〈レジャー特集|2018〉

    心洗われる美しさ──蓮の花を観に行こう♪~西日本編~〈レジャー特集|2018〉

    tenki.jp

    6/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す