たまには本気で!満足感と自信が得られる美味しいスイーツを自分で作ってみよう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

たまには本気で!満足感と自信が得られる美味しいスイーツを自分で作ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
美味しいものには、つい、笑顔になってしまいますよね

美味しいものには、つい、笑顔になってしまいますよね

おうち時間で、いつもより「食べることに手をかけた」という方はとても多いのではないでしょうか?たくさんの工夫や、情報を活用したりと、料理の腕前が少し上がった、と思えるようになった人もいるのでは。今回も、「ちょっとハードルが高そう」だと思われがちなスイーツに挑戦してみることをご提案♪「作ること」も「食べること」も楽しんでみてください。そして、きっと食後には『作った自分』に満足感と自信が得られることと思います。スイーツ作りの心構えなどは、前回の記事を参照してみてくださいね。

☆あわせて読みたい!

https://tenki.jp/suppl/k_kashima/2020/06/18/29859.html


王道スイーツでほっこり

大人も子どもも、老いも若きも、大好きな人が多い「プリン」を作ってみましょう。バットを使って作りますが、お好みの量をよそって食べられる便利さも。しかし、ついつい抱えて食べてしまいたくなる美味しさなので、ご注意を。

<材料と道具>

21×16.5×3cmのバット

・卵黄 1個分

・卵 2個

・グラニュー糖 60g

・バニラビーンズ 1/3本

・牛乳 1/2カップ

・生クリーム 1カップ

A. グラニュー糖 50g

A. コアントロー 大さじ2

・サラダ油 適量

<下準備>

・バニラビーンズはさやを縦に開いて、中の種をしごき出して、さやはグラニュー糖に差しておく。

・バットの内側にサラダ油を薄く塗っておく。

・湯せん焼き用に、60℃程度のお湯を準備しておく。

・オーブンを150℃に予熱する。

<作り方>

1. カラメルソース作りをします。Aの材料を使います。

2. 小鍋にグラニュー糖を入れて、中火にかけます。

3. 全体の1/3程度が溶けるまで、鍋を揺すったりせずにそのままにします(揺すってしまうと、のちにはねたり失敗しやすいので、我慢しましょう)。

4. 少し色づいてきたら、鍋をゆっくり回すようにして全体を溶かします。

5. 大きな泡がぶくぶくとして、濃い茶色になり始めたら、火を止めて、コアントローを加えてなじませます。

6. さらに弱火にかけて、均一に溶けたら、準備しておいたバットに流して、底面全体に広げます。

7. プリン生地を作ります。

8. ボウルに卵と卵黄を入れて、泡立て器で軽く混ぜます。

9. さやを取り出したグラニュー糖、バニラビーンズを加えて、泡だてないように、ムラなく、すり混ぜます。

10. 混ざったら、牛乳、生クリームを加えて、静かに混ぜ合わせます。

11. 10.をざるで2度、濾します。ざるに残ったものは無理に濾さずに捨てます。濾した液はバットに流し入れます。

12. 天板に布巾を敷いて、バットを乗せて、天板のフチぎりぎりまでお湯を注いで、オーブンで30〜40分焼いていきます。

13. 中央部分に竹串を刺して、液が出てこなければ焼き上がりです。網などのケーキクーラーで冷まして、粗熱が取れたら、冷蔵庫で2、3時間冷やし、出来上がり♪


和風でしっぽり、大人気分で召し上がれ

渋みのある抹茶とあんこは、日本が誇る、王道の組み合わせ!クリームがまろやかさとコクを醸してくれます。こちらもバットで作りますので、お好みの大きさにカットしてお召し上がりくださいね。ミルクティーやコーヒーなどと合わせて食べるのがおすすめです。

<材料と道具>

21×16.5×3cmのバット

A. 卵 1個

A. 卵黄 1個分

A. グラニュー糖

A. 薄力粉

A. 抹茶

A. 牛乳 20ml

B. お湯 大さじ2

B. グラニュー糖 大さじ2

生クリーム 1/2カップ

練乳 大さじ1

小倉あん 100g

<下準備>

・バットにクッキングシートを敷き込んでおきます。

・薄力粉と抹茶を合わせて、ふるっておきます。

・湯せん用に、60℃程度のお湯を準備しておく。

・オーブンを200℃に予熱しておきます。

<作り方>

1. スポンジ生地を作ります。A.の材料を使います。

2. ボウルに卵、卵黄、グラニュー糖を入れて、湯せんにかけてハンドミキサーの低で溶きほぐし、人肌程度に温めます。

3. 湯せんから外して、ハンドミキサーの高で泡立てます。

4. 生地が全体にもったりとして、すくい上げるとリボン状に垂れるまで泡立てます。

5. ハンドミキサーの低で1分混ぜて、キメを整えます。

6. ふるっておいた粉を、表面全体に広げるようにふり入れます。

7. ゴムベラで底からすくい上げて返す、というようにしながら粉っぽさがなくなるように混ぜます。右手でゴムベラを返し、左手でボウルを回しながら混ぜるのがコツです。

8. 電子レンジで牛乳を20秒ほど加熱して、7.に加えます。牛乳のあとが見えなくなったら、さらに20回ほど返し混ぜします。

9. 準備しておいたバットに生地を流し込み、パレットナイフなどで四隅まできっちりと広げます。

10. 15cmほどの高さからバットを落として、生地の空気を抜きます。

11. 200℃のオーブンで13分ほど焼きます。

12. 焼きあがったら、網などのケーキクーラーで冷まします。

13. 粗熱が取れたら、クッキングシートを剥がして、生地の端の盛り上がった部分をそぎ落とします。

14. シロップを作ります。B.の材料を使います。

15. 耐熱容器にB.を全て入れて、電子レンジで20〜30秒加熱して冷まします。

16. 具を準備します。

17. ボウルに生クリームと練乳を入れて、底に氷水を当てて、泡立て器で8分立て※にします。

※すくい上げるともったりとしていて、ゆっくり落ちて筋が残る程度

18. 13.を横半分に焼き面を上にして並べます。

19. それぞれの面に15.を刷毛で塗ります。

20. 一方に小倉あんと17.をパレットナイフで塗り広げます。中央が少し盛り上がるように塗ると、重ねた時にこぼれ出しにくくなります。

21. 残った生地を、シロップを塗った焼き面が内側になるように、重ねます。

22. ラップに包んで冷蔵庫で1時間なじませたら、出来上がりです。

お好みの大きさに切り分けて、召し上がれ♪ 参考

ホーローバットで作るとびきりスイーツ ムラヨシマサユキ / 株式会社河出書房新社


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい