かくり世はあなたのすぐ隣に。110年前の6月、奇跡の名著「遠野物語」生誕す

2020/06/15 17:00

今から110年前、明治43(1910)年6月14日に『遠野物語』350部が柳田國男(1875~1962年)の自費出版本として刊行されました。佐々木喜善(きぜん)が語る、故郷・岩手遠野郷の怪異譚を柳田は簡潔に、しかし情熱的に、119からなるエピソードとして書き留めます。そこには、さまざまな妖異・怪異が、具体的地名と地勢、体験者の氏名入りで、リアリティをもって写し取られていました。日本民俗学の本格的開闢を告げるこの記念碑的名著は、今なお多くの人々を惹きつけています。

あわせて読みたい

  • インターネットの予言的私小説!?『僕らのネクロマンシー』発売記念対談! 著書・スマートニュース 佐々木大輔×情報学研究者ドミニク・チェン

    インターネットの予言的私小説!?『僕らのネクロマンシー』発売記念対談! 著書・スマートニュース 佐々木大輔×情報学研究者ドミニク・チェン

    BOOKSTAND

    4/16

    8月号学習院大学教授 赤坂憲雄 Akasaka Norio『遠野物語』から105年、いま会津に沸き立つ不思議世界

    8月号学習院大学教授 赤坂憲雄 Akasaka Norio『遠野物語』から105年、いま会津に沸き立つ不思議世界

    9/15

  • 若き日はロマンチスト?歌人としての柳田国男

    若き日はロマンチスト?歌人としての柳田国男

    tenki.jp

    8/9

    カッパの捕獲OKの村「遠野」にまつわる伝説をご存じですか

    カッパの捕獲OKの村「遠野」にまつわる伝説をご存じですか

    tenki.jp

    8/15

  • 「鬼」は一体どこにいる?大メジャー妖怪「鬼」の不思議

    「鬼」は一体どこにいる?大メジャー妖怪「鬼」の不思議

    tenki.jp

    2/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す