梅雨は、長雨(ながめ)、五月雨(さみだれ)~平安和歌に見られる五月雨~

2020/06/13 20:30

今年も本格的な夏の暑さの前に通るべき関門、梅雨がやってきました。内も外も湿気が満ちて気分が晴れないこの時期が、米を主食にする日本人にとっては稲作の本格的作業初めの田植えに当たり、年間でも特に大切な時です。今回は、平安文学での梅雨の表現と、特に五月雨の和歌を中心にご紹介します。

あわせて読みたい

  • 6月の詩歌 ──「雨」が連想させるイメージ

    6月の詩歌 ──「雨」が連想させるイメージ

    tenki.jp

    5/31

    梅雨の漢字はどうして「梅」と「雨」?意外な理由を解説

    梅雨の漢字はどうして「梅」と「雨」?意外な理由を解説

    tenki.jp

    6/8

  • 袖に降る時雨は涙~平安和歌に見られる時雨~

    袖に降る時雨は涙~平安和歌に見られる時雨~

    tenki.jp

    12/3

    夏の夜更けに一声鳴くのは時鳥?郭公?~平安和歌に見られるホトトギス~

    夏の夜更けに一声鳴くのは時鳥?郭公?~平安和歌に見られるホトトギス~

    tenki.jp

    5/27

  • 6月の詩歌 ── 夏の気配が濃厚に、あるいはほのかに……

    6月の詩歌 ── 夏の気配が濃厚に、あるいはほのかに……

    tenki.jp

    5/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す