6月「水無月」となりました。実りに向けて歳時記は「芒種」と記しています

2020/06/06 20:30

季節は初夏から仲夏へ。いよいよ雨の季節が近づきます。「芒種」とは禾(のぎ)の種、穂先に飛び出すツンツンとした硬い突起を持つ穀類、米や麦の種こと。先の候で「麦秋至(むぎのときいたる)」に入り麦は収穫の時を迎えましたが、米は種を蒔く時季です。現実にはすでに田植えが始まっています。整然と並んだ早苗田に揺れるのはまだ頼りなげな苗ですが、たっぷりの水と豊かな陽の光を浴びて成長が期待されるホープです。毎日あたりまえにいただく米の始まりを、心あらたに歳時記の「芒種」から感じていきましょう。

あわせて読みたい

  • 「早乙女の一枚の田に下りそろふ」後藤夜半 - 田植えの季節です

    「早乙女の一枚の田に下りそろふ」後藤夜半 - 田植えの季節です

    tenki.jp

    6/6

    二十四節気「芒種」。田植え前線北上中!

    二十四節気「芒種」。田植え前線北上中!

    tenki.jp

    6/5

  • 梅の実の熟す頃~6月10日「入梅(にゅうばい)」、そして「梅酒の日」

    梅の実の熟す頃~6月10日「入梅(にゅうばい)」、そして「梅酒の日」

    tenki.jp

    6/10

    日本食の代名詞「梅干し」の効用? その歴史は?

    日本食の代名詞「梅干し」の効用? その歴史は?

    tenki.jp

    4/28

  • 春に可憐に咲いた白い花が実を結び黄色く熟す頃になりました

    春に可憐に咲いた白い花が実を結び黄色く熟す頃になりました

    tenki.jp

    6/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す