遠くに見える山の「雪形」。残雪の形を何に見立てる?

2020/05/07 20:30

4月の下旬頃から、北国の標高の高い山々でも雪解けが始まります。昔は、遠くの山に残った雪の形や、雪が解けて見える岩肌の形を見て、「この形が見えてきたから種をまこう」「この形になったから田植えをしよう」など、山の残雪の形や、見えている岩肌の形が農作業の目安となっていました。山に見えるこれらの形は「雪形(ゆきがた)」とよばれ、各地で人や動物にたとえられています。あなたが住む街からは、遠くの山にどんな雪形が見えますか?

あわせて読みたい

  • 「知って得する季語」── 雪の見おさめ!「春の雪」

    「知って得する季語」── 雪の見おさめ!「春の雪」

    tenki.jp

    3/1

    稲の若苗が伸び、田植えの準備が始まるころ。七十二候 「霜止出苗 (しもやみて なえいずる)」。

    稲の若苗が伸び、田植えの準備が始まるころ。七十二候 「霜止出苗 (しもやみて なえいずる)」。

    tenki.jp

    4/25

  • 北海道で秋まき小麦の種まきが始まりました。雪の下で小麦の芽はどうやって過ごすの?

    北海道で秋まき小麦の種まきが始まりました。雪の下で小麦の芽はどうやって過ごすの?

    tenki.jp

    9/5

    「あの形」の雪、見たことある?~雪の結晶の形を決めるもの~

    「あの形」の雪、見たことある?~雪の結晶の形を決めるもの~

    tenki.jp

    11/24

  • 宮城の写真家・堀内孝が語る「東北の名桜5選」

    宮城の写真家・堀内孝が語る「東北の名桜5選」

    週刊朝日

    3/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す