5月5日は「端午の節供」そして「立夏」!いよいよ季節は夏へと移ります

2020/05/05 09:00

いつの間にか木々が枝をのばし、柔らかい葉に太陽の光が透けてキラキラと輝いているのに気づきます。清々しい大気の中に新緑が香り、陽差しがまぶしくなってくる、それが「立夏」という時。旧暦の4月で「清和月」との呼び方もあるとか。まさに晴れた空の和やかさは今の時季を表しています。「五月晴れ」といえば一般的に心地よい晴天をいいますが、もとは五月雨の合間の晴れ間をという意味だったそうです。なにをおいても太陽が輝き青空が広がる日の幸せ感に勝るものはありません。どんな時も季節はかならずめぐってきます。5月のはじまりを楽しく見つめましょう。

あわせて読みたい

  • なぜ5月5日に菖蒲湯に入るのか 「端午の節句」は一体どんな日?

    なぜ5月5日に菖蒲湯に入るのか 「端午の節句」は一体どんな日?

    dot.

    5/5

    5月5日「端午の節供」はどのように過ごされましたか?

    5月5日「端午の節供」はどのように過ごされましたか?

    tenki.jp

    5/5

  • 【こどもの日】5月5日「端午の節供」が女性の日だったって本当?

    【こどもの日】5月5日「端午の節供」が女性の日だったって本当?

    tenki.jp

    5/3

    しっとりと薫る菖蒲は、ショウブ、アヤメ?~平安和歌に見られる菖蒲~

    しっとりと薫る菖蒲は、ショウブ、アヤメ?~平安和歌に見られる菖蒲~

    tenki.jp

    5/2

  • 「夏至」。太陽の力が極まる、 昼間が1年で一番長い日です

    「夏至」。太陽の力が極まる、 昼間が1年で一番長い日です

    tenki.jp

    6/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す