4月26日は「よい風呂の日」!ゆっくり湯船に浸かりませんか? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4月26日は「よい風呂の日」!ゆっくり湯船に浸かりませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

4月26日は「4(よい)2(ふ)6(ろ)」の語呂合わせから「よい風呂の日」となっています。2012年に公開し大ヒットした映画「テルマエ・ロマエ」を手がけた「テルマエ・ロマエⅡ」製作委員会の発案によるものです。今日は入浴に関する知識を深めて、自宅のお風呂をより楽しんでみませんか?


毎日シャワーで済ませている人に教えたい!入浴で得られる3つの効果

若い世代に多いのですが、一日の終わりはシャワーで済ますという人が増えています。確かに、浴槽を洗う手間もなければお湯を張る時間も必要ないシャワーは、忙しい現代人にとって合理的です。

でも1週間に1度くらいはお湯にゆっくり浸かることをおすすめします。なぜなら、入浴にはシャワーでは得ることができない3つの作用があるからです。これを知れば、「今日はお風呂にするか!」という気持ちになってもらえるかもしれません。

(1)静水圧作用

お湯に浸かることで体に適度な水圧がかかり、末端の静脈やリンパ管が圧迫されます。これによって心臓に血液が集まります。湯からあがると体にかかっていた水圧が抜け、血液が体中を駆け巡り血行が良くなります。

(2)浮力作用

湯の中は浮力があるので、体重は陸上と比べ9~10分の1程度になります。これによって体重を支えている筋肉や関節の負担が減り、体のこわばりが和らぎます。

(3)温熱作用

湯に浸かることで体温が上がり、毛細血管が広がって血流が良くなります。それにより新陳代謝が高まるというもの。体温より約5度以上高い湯に浸かると交換神経が活発になるので、朝や意識をシャキッとさせたいときにおすすめ。逆に39度前後のぬるめのお湯だと、副交感神経の働きが増し鎮静効果を得られます。

シャワーと比べて手間や時間がかかるお風呂ですが、それに見合うだけの嬉しいメリットがありますよ。


入浴剤を入れるとより効果的

自宅のお風呂をワンランクアップさせてくれるものと言えば、製薬会社などから発売されている入浴剤です。入浴剤と一言で言っても、有名温泉地の温泉成分を分析して作ったものから、温浴効果を研究して開発したものまで様々なタイプがあります。以下を参考に体調やその日の気分に合わせて、好みのものを選ぶと良いでしょう。

・無機塩類系

成分に多く含まれる塩類(ミネラル等)が皮膚の表面のタンパク質と結合して身体にベールをつくり、保温効果を高めます。冬の寒い日やしっかりと温まりたい日におすすめ。

・炭酸ガス系

お湯に溶けた炭酸ガスが皮膚から吸収されて血管を広げ、血行を良くすることで新陳代謝を高めます。

・薬用植物系(生薬系)

生薬類をそのまま刻んだものと、生薬エキスを取り出して無機塩類等と組み合わせたものがあります。使用している生薬によって様々な効果が期待できます。

・清涼系

メントールなどが配合されており、湯上がり後の汗のベタツキを抑えます。気温が高い夏の入浴時などにおすすめ。

・スキンケア系

うるおい成分が配合されており、お湯に浸かってやわらかくなった肌に浸透します。うるおい成分が肌の表面だけでなく角層内部にまで浸透し保湿成分を補います。

<参考:アース製薬株式会社「お風呂なび」>


「よい風呂の日」の制定目的は家庭の円満

入浴の効果や入浴剤のタイプについて紹介してきましたが、そもそも「よい風呂の日」は「親子でお風呂に入って対話を深めたり、家族同士ふれあいを促すこと」を目的に制定された記念日です。自宅のお風呂は1人で入ることが多いと思いますが、小さなお子さんがいる家庭では積極的に子供と一緒にバスタイムを楽しんでみてください。湯船に浸かりながらその日あった出来事などを話しあえば、心も体も温まる時間を過ごせると思います。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい