「穀雨」煙るような雨が降り始めると、そろそろ春は終わりに近づきます

2020/04/19 20:30

二十四節気を眺めてみると「雨」がつくのは初春の「雨水」と晩春の「穀雨」だけ。その他の季節に雨はないのか、とみてみると秋は「露」と「霜」冬は「雪」と季節ごとに形を変えて表れます。やはり雨は一年を通して日本の季節には欠かせませんね。おや、梅雨こそ一番雨が多いときでは? と疑問がわきます。梅雨を表す五月雨(さみだれ)月は新暦では6月。二十四節気では「芒種」となっており、雨よりも穀物の種を蒔く方に焦点が当てられているのがわかります。はなやかに季節をいろどる春の終わりにふる雨は春ならではの意味がありそうです。春の雨で季節はどのように変わっていくのでしょうか、一緒にみてまいりましょう。

あわせて読みたい

  • 二十四節気「穀雨(こくう)」。百穀を潤す春の雨が、けむるように降るころ

    二十四節気「穀雨(こくう)」。百穀を潤す春の雨が、けむるように降るころ

    tenki.jp

    4/20

    いよいよ初夏へ!? ちょっと待って、その前に「春」にも「土用」があるんです

    いよいよ初夏へ!? ちょっと待って、その前に「春」にも「土用」があるんです

    tenki.jp

    4/17

  • 二十四節気「穀雨」。春の雨が降るたび新緑が輝くころ

    二十四節気「穀雨」。春の雨が降るたび新緑が輝くころ

    tenki.jp

    4/20

    二十四節気は「穀雨(こくう)」に、春も終わりへ近づきました

    二十四節気は「穀雨(こくう)」に、春も終わりへ近づきました

    tenki.jp

    4/20

  • 4月20日、二十四節気「穀雨(こくう)」の意味と季節の楽しみ

    4月20日、二十四節気「穀雨(こくう)」の意味と季節の楽しみ

    tenki.jp

    4/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す