ダーウィンの日に考える、野菜の「種」のこと

2020/02/12 17:00

「種の起源」を執筆したチャールズ・ダーウィンの誕生日を記念して、本日2月12日は「ダーウィンの日」とされています。種の起源の詳細を知らない方でも「ダーウィンの進化論」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。さて、そんな記念日の今日は「種の起源」にちなんで「種」について書いてみようと思います。在来種、固定種という言葉をご存じですか?これは日本の伝統野菜や地域野菜と呼ばれる代々受け継がれてきた希少な野菜の種のことです。今、古くから栽培されている日本の伝統野菜や地域野菜を守ろうという動きが全国各地で盛り上がっているそうです。

あわせて読みたい

  • 旬を迎え寒さとともに甘さをます野菜、日本人が大好きな「大根」がおいしい季節です!

    旬を迎え寒さとともに甘さをます野菜、日本人が大好きな「大根」がおいしい季節です!

    tenki.jp

    12/11

    おでんの季節!赤大根に青大根?大根よもやま話

    おでんの季節!赤大根に青大根?大根よもやま話

    tenki.jp

    1/8

  • 幻の玉ねぎ「札幌黄」の苗植えの季節。オーナー制度も好評!

    幻の玉ねぎ「札幌黄」の苗植えの季節。オーナー制度も好評!

    tenki.jp

    5/15

    世界のUDOに!? 東京の地下で作られるウドに注目

    世界のUDOに!? 東京の地下で作られるウドに注目

    週刊朝日

    1/29

  • 東京地下3メートルで伝統野菜の東京うどを栽培

    東京地下3メートルで伝統野菜の東京うどを栽培

    1/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す