ご飯のお供のチャンピオン。「辛子明太子」に二つの記念日があるのはなぜでしょう?

2020/01/13 18:30

近年の「好きなご飯のお供は?」という質問で必ず上位にランクされ、1位を取ることも珍しくない人気の惣菜「辛子明太子(からしめんたいこ)」。辛子明太子といえば博多、博多といえば明太子、とも言われるほど、福岡県博多の代名詞的名産品です。先日1月10日の「明太子の日」は、いわば「博多明太子の日」と言ってもいいもので、中洲の食料品店「ふくや」が昭和24(1949)年のこの日、自主開発した辛子明太子を店頭に初めて並べた日として制定された記念日です。しかしこれとは別に、明太子には12月12日にもう一つの「明太子の日」があります。この二つの記念日には、とあるいわれがありました。

あわせて読みたい

  • 純福岡産ドラマ『めんたいぴりり』が世界進出した理由とは? 

    純福岡産ドラマ『めんたいぴりり』が世界進出した理由とは? 

    BOOKSTAND

    11/27

    29年目を迎えた中洲の女みこし「爽快感がたまらんとよ!」

    29年目を迎えた中洲の女みこし「爽快感がたまらんとよ!」

    AERA

    11/20

  • 当日OKの工場・社会科見学!ごはんとなかよし♪あの商品のヒミツは?<関東編>

    当日OKの工場・社会科見学!ごはんとなかよし♪あの商品のヒミツは?<関東編>

    tenki.jp

    8/25

    お鍋の季節!!冷え込む夜は旬のタラ鍋で温まろう

    お鍋の季節!!冷え込む夜は旬のタラ鍋で温まろう

    tenki.jp

    11/25

  • 食品工場直売アウトレットへGO!〈レジャー特集|東日本編2018〉

    食品工場直売アウトレットへGO!〈レジャー特集|東日本編2018〉

    tenki.jp

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す