乾燥を防ぐだけで大丈夫?「加湿器」も自分スタイルで選ぼう! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

乾燥を防ぐだけで大丈夫?「加湿器」も自分スタイルで選ぼう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

乾燥が気になるこの季節。既にご自宅やオフィスで加湿器を使われている方も多いことでしょう。ところで、今お使いの加湿器、どのような特徴や機能を持っているか知っていますか? 加湿器にも、使用する部屋やシーンによって適性があります。今回は、加湿器の種類や便利機能、自分スタイルに合わせた選び方のポイントなどについてご紹介します。


加湿力の強さ、お手入れの頻度も異なります!種類は大きく「4タイプ」

加湿器のタイプは大きく分けて4種類あります。加湿の方法が異なるため、それぞれにメリット・デメリットもあります。

<スチーム式>

タンクの水を加熱沸騰させ、スチーム(蒸気)を発生させて加湿する方式です。加熱式と呼ばれることもあります。加熱沸騰した水を使用するため、細菌などを死滅させることができ、衛生面で安心。さらに、4タイプの中で加湿力が最も高いと言われています。一方で、蒸気が熱を持っているので、小さいお子さんがいるご家庭では注意が必要です。また、加熱による消費電力が高めなので、他のタイプより電気代が割高です。

<気化式>

部屋干しした洗濯物によって、湿度があがるのと同じ原理で、加湿器内部の湿らせたフィルターに風を送り加湿する方式です。加湿に時間がかかるのですが、消費電力が少なめで電気代を抑えることができます。このタイプの加湿器は、フィルターを清潔に保つことが大切で、古くなったら交換する必要もあります。

<超音波式>

超音波の力でタンクの水を微振動させて微粒化し、水蒸気(ミスト)となって放出されることで加湿します。加湿力は弱めですが、熱を使用しないので電気代が抑えられ、音も静か。また、このタイプの加湿器はデザイン性が高いもの、アロマオイルが使用できるなど、こだわりの付加価値がある商品も多く見られます。一方で、加熱をしないので除菌ができず、雑菌が繁殖しやすいので、こまめなお手入れが必要です。

<ハイブリッド式>

このタイプはさらに2種類のタイプに分けられます。ひとつめが、「加熱+気化式」。気化式の加湿方式を温風で行うというもの。暖かい風で気化式よりも効率よくスピーディーに加湿できますが、その分消費電力がかかり気化式よりは電気代が高めです。次に、「加熱+超音波式」。水を加熱してから超音波で微粒子にするため、超音波式よりも加湿力が高めです。しかし、水を沸騰させるわけではないので、滅菌は期待できません。こまめなお手入れも必要です。


こだわりやライフスタイルで加湿器選び、そのポイントとは?

<初めて購入する、どれを買ったら良いか迷う方にオススメ!>

「気化式」は熱を使うことがなく安全面で◎、長時間使用してもコストは抑えめ。お手入れ頻度も4タイプの中では中間のため、扱いやすい加湿器と言われています。また、気化式は大手メーカーが商品を多く販売しており、メンテナンス面でも安心です。また、電気代は高めですが、扱いやすいだけでなく加湿力も高めが良いという方には「ハイブリッド(加熱+気化)式」がオススメです。

<加湿力を重視したい方、ズボラな方にオススメ!>

他のタイプと比べると電気代は高めですが加湿力重視なら「スチーム式」が◎。スチーム式の多くは水の加熱に時間がかかると言われていますが、1、2分で加湿を開始するタイプの商品も販売され、起動力の面での問題も改善されつつあるようです。沸騰した水で加湿するので衛生面で優れていて、お手入れ頻度は他のタイプの半分程度。ズボラさんにはピッタリです。

<寝室で使用したい方、デザインにこだわりたい方にオススメ!>

運転音も静かで、アロマが使用できるものも多く、リラックスタイムにピッタリなのは「超音波式」。熱を使用しないので、就寝時の長時間利用でもコスパが良いのが嬉しいポイントです。さらに「ハイブリッド(加熱+超音波)式」の商品の中には、湿度の自動調整やタイマー機能がついているものもあるので、加湿しすぎの心配もありません。また、これらのタイプはデザイン性の高いものが多く、お部屋の雰囲気に合う加湿器を見つけやすいと思います。

いかがでしたか?毎シーズン最新の加湿器が発売されているので、乾燥への対策がまだの方も、加湿器を長年愛用されている方も、この機会に是非チェックしてみてくださいね。 (参考・参照)

アイリスオーヤマ おすすめの加湿器

パナソニック 加湿器のかしこい選び方

ビックカメラ 【2019年最新】加湿器のおすすめ22選


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい