二十四節気は「大雪」になりました。日に日に寒さが増していきます

2019/12/07 20:30

師走に入り、北の国から伝えられる雪の知らせに、「雪いよいよ降りかさねる折からなればなり」という暦便覧の「大雪」が重なります。「冬」というと、どうしても色あせた景色が心に浮かんできますが、荒涼とした風景は真っ赤に輝く夕日や、冴え渡る空に浮かぶ月の美しさを際立たせるような気がしませんか? 冬ならではの楽しい思い出も、寒い中だからこそ忘れがたいものになるのかもしれません。慌ただしさの中にも、華やかな賑わいの季節です。

あわせて読みたい

  • 大掃除は秋がおすすめ!そのワケと大掃除のポイントは?

    大掃除は秋がおすすめ!そのワケと大掃除のポイントは?

    tenki.jp

    9/23

    「大掃除しなくていい」プロが断言する理由

    「大掃除しなくていい」プロが断言する理由

    週刊朝日

    12/23

  • 気候がよいこの時季に、○○を掃除しとかなくっちゃ!

    気候がよいこの時季に、○○を掃除しとかなくっちゃ!

    tenki.jp

    5/29

    12月7日~二十四節気「大雪(たいせつ)」…山は眠りにつく頃、里はというと?

    12月7日~二十四節気「大雪(たいせつ)」…山は眠りにつく頃、里はというと?

    tenki.jp

    12/7

  • スプリング・クリーニング(春の大掃除)はメリットいっぱい!

    スプリング・クリーニング(春の大掃除)はメリットいっぱい!

    tenki.jp

    5/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す