頻々と目撃される幸せの青い鳥。イソヒヨドリが都市・内陸に大進出しています

2019/11/27 20:30

人や建物が多く、植生が少なめの都市では、田舎の森や山と比べて、野鳥の種類は少ないと思われがちです。スズメやドバト、カラス、ムクドリくらいしか見たことないという方もいるかもしれません(実はそうでもなく、都市でも野鳥の種類は多いのですが)。ところがそんなコンクリートジャングルで、目の覚めるような青い羽をもつ鳥が、すぐそばの標識やビルの非常階段の手すりにとまっているのを見た、という人が最近増えています。その青い鳥の名はイソヒヨドリ。その名のとおり、もともとは磯=岩場の多い海岸地帯の崖地に生息する野鳥でしたが、20世紀末ごろから都市・内陸に続々と進出、特に近年は目撃談も右肩上がりで増加しているのです。

あわせて読みたい

  • 太陽の御子、ヒバリのほがらかな歌声が美空に響く初夏です

    太陽の御子、ヒバリのほがらかな歌声が美空に響く初夏です

    tenki.jp

    5/21

    街路樹のあの「迷惑害鳥」ムクドリが、もしもこの世からいなくなったら?

    街路樹のあの「迷惑害鳥」ムクドリが、もしもこの世からいなくなったら?

    tenki.jp

    3/28

  • インコの好物はお茶漬け 直木賞作家の家に集まる動物たち
    筆者の顔写真

    黒川博行

    インコの好物はお茶漬け 直木賞作家の家に集まる動物たち

    週刊朝日

    4/8

    次世代の水辺の主役候補、オオバンってどんな鳥?七十二候「鴻雁北(こうがんかえる)」

    次世代の水辺の主役候補、オオバンってどんな鳥?七十二候「鴻雁北(こうがんかえる)」

    tenki.jp

    4/10

  • 誰もが知るツバメの、誰も知らない名前の由来って? 七十二候「玄鳥至(げんちょういたる)」

    誰もが知るツバメの、誰も知らない名前の由来って? 七十二候「玄鳥至(げんちょういたる)」

    tenki.jp

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す