夏にうってつけ?ちょっと変わったビールイベント3選

tenki.jp

 (20:30)tenki.jp

 (20:30)tenki.jp
厳しい暑さが続くようになり、そうめん、アイス、スイカなど、冷たいものがとても美味しく感じるようになりましたね。その中でも、「暑い日に飲むビールが好き!」という方も多いのではないでしょうか。最近は、動物園でビアガーデンが楽しめたり、ホップ畑を見学したりと、ちょっと変わったイベントが開催されています。 今回は、ビールのイベントや、ビールと一緒に楽しめるイベントをご紹介します。 ホップ収穫祭2019(岩手県) ホップの栽培面積全国1位を誇る、岩手県遠野市。そんな遠野市では、56年以上にわたってビールの原料であるホップを生産しています。 今年で5回目となる『ホップ収穫祭』は、ホップや地元の食材の収穫を祝う祭典です。このイベントでは、遠野で栽培されたホップを使ったビールや、旬の食材を使った食べ物が楽しめるほか、ホップ畑の見学ツアーといった貴重な体験ができます。(見学ツアーは、各セッション先着15名) 岩手県の自然に囲まれながら、ビールや地元の料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。 ホップ収穫祭2019 ■日時:2019年8月24日(土)~25日(日) 11:00~21:00(ラストオーダー:20:30) ■会場:蔵の道ひろば 岩手県遠野市中央通り4地内(遠野城下町資料館向かい) ■アクセス:遠野駅から徒歩3分 東北新幹線 新花巻駅下車 JR釜石線 釜石行(約1時間) 盛岡駅から:JR東北本線 釜石行(約2時間) 花巻駅から:JR釜石線 釜石行(約1時間) 釜石駅から:JR釜石線 花巻行(約50分) ※会場に駐車場がないので、公共交通機関を使うのがおススメです! ■公式HP:ホップ収穫祭2019 真夏の夜の動物園(東京都) 上野動物園で開催されるのは、恒例の『真夏の夜の動物園』。イベント期間中の8月10日(土)~16日(金)は開園時間が3時間延長され、昼間には見られない、動物たちの夜の生活を観察することができます。夜に動物園に入れるなんて、なんだか特別な気分になりますよね。 イベント期間中は不忍池テラスでオープンビアガーデンが開かれます。上野動物園で動物たちを見た後、ビールを飲みながら夜の動物園での体験を共有してみてはいかがでしょうか。意外な発見があるかもしれませんね。 真夏の夜の動物園 ■日時:2019年8月10日(土)~16日(金) 20時まで開園(入園は19時まで) ■会場:上野動物園(ビアガーデンは、不忍池テラスで開催されます) ■アクセス:JR上野駅「公園口」 徒歩5分 ■公式HP:真夏の夜の動物園 コムナdeビアガーデン(千葉県) 千葉駅から徒歩9分の住宅街にある、『椿森コムナ』。もともと空き地として放置されていたこの場所には、今ではツリーハウスが並び、まるでファンタジーのような空間に生まれ変わっています。 椿盛りコムナでは、期間限定でビアガーデンが開催されており、4種類のクラフトビールやかき氷、ボリューム満点のフードメニューなど、大人も子どもも楽しめるメニューがたくさん! 夏の思い出に、ファンタジーのような空間で食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。 コムナdeビアガーデン ■日時:2019年7月20日(土)~8月20日(土) ■会場:椿森コムナ ■アクセス: 千葉県千葉市中央区椿森1-21-23 千葉モノレール「千葉公園駅」より徒歩3分 JR「千葉駅」より徒歩9分 ■公式HP:真コムナdeビアガーデン<注意事項> ■写真はイメージです ■各施設を利用する際のルールや、営業日時・料金・イベントなどの詳細は、おでかけ前に公式サイトなどで最新の情報を必ずご確認ください

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック