夏こそ温泉で心と体を整えよう!!旅先で立ち寄りたい秘境の温泉4選 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏こそ温泉で心と体を整えよう!!旅先で立ち寄りたい秘境の温泉4選

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
夏の秘境温泉でリフレッシュ

夏の秘境温泉でリフレッシュ

見渡す限り海!絶景の湯泊温泉

見渡す限り海!絶景の湯泊温泉

泉質が複数種ある黒川温泉

泉質が複数種ある黒川温泉

屈斜路湖の水面とほぼ同じ高さのコタンの湯

屈斜路湖の水面とほぼ同じ高さのコタンの湯

トロッコと自分の足でしかたどり着けない黒薙温泉旅館

トロッコと自分の足でしかたどり着けない黒薙温泉旅館

今年の夏も暑い日々が続きそうですが、そんな夏こそ、温泉はいかがでしょう?中でも、今回ご紹介したいのは、少し足を伸ばして大自然を感じながら入浴できる秘湯と呼べる温泉です。外は酷暑でも、交通機関やオフィス、商業施設などは冷房が強く、夏だけれどあまり汗を書く機会が少ないという声も聞きます。夏の体は、想像以上に冷やされていることもあるようです。体調管理はもちろん、夏旅に秘境の温泉はいかがですか?

湯泊温泉/鹿児島県熊毛郡

鹿児島県の屋久島の海岸沿いにある無人の露天風呂、「湯泊(ゆどまり)温泉」です。浜辺に湧き出た温泉で、目の前は見渡す限り海が広がり眺望は最高です!夕日を見ながら、星空を仰ぎ見ながらの入浴もおすすめ。泉質はアルカリ性単純温泉。神経痛、筋肉痛、関節痛などに良いのだとか。温泉の温度も38度前後とぬるめで、まさに夏向きの温泉と言えます。脱衣所は駐車場横にあり、水着や下着着用での入湯は原則として禁止ですが、女性風呂に限り湯浴み着の着用ができます。ただし、男女の浴槽は簡易的な仕切りのみなので、ほぼ混浴のような状態なのだとか。大自然の中にある温泉ならでは。ワイルドに入浴!ですね。
湯泊温泉
■所在地 鹿児島県熊毛郡屋久島町湯泊1714-28
■アクセス 宮之浦港から種子島・屋久島交通栗生行きバスで1時間15分、湯泊下車、徒歩5分
■天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは屋久島町湯泊温泉オフィシャルサイトをご確認ください。

黒川温泉 やまびこ旅館/熊本県阿蘇郡

温泉好き、自然好きにはたまらない大人気の黒川温泉街は山深い場所に位置するため、いずれの交通網を利用しても辿り着くまでそこそこ時間がかかります。まさに秘湯!ゆったりと時間に余裕のある旅におすすめです。中でも、趣ある佇まいの「やまびこ旅館」では、2種類の泉質を楽しめます。泉質は、ナトリウム・塩化物炭酸水素塩泉と硫酸塩泉で、火傷・切り傷・筋肉痛に良いとされ、更にデトックスや美肌効果が期待できる美肌温泉とも呼ばれているそう。宿泊者には露天風呂と家族風呂が24時間開放されているので、施設内の露天風呂から満天の星を眺めながら入浴できるのも嬉しいポイントですね。また、黒川温泉街には入浴手形があり温泉街25軒の露天風呂の中から3箇所を選んで立ち寄り湯としての利用もできます。
黒川温泉 やまびこ旅館
■所在地 熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
■アクセス 【車】福岡市より日田IC経由で約2時間・日田ICより約1時間・熊本ICより約1時間30分・高千穂より北方IC経由で約1時間40分・湯布院より約1時間・阿蘇山より約1時間15分【飛行機】福岡空港より直行バスで約2時間30分・熊本空港より産交バス「九州縦断バス」で約2時間30分【電車】JR博多駅より直行バスで3時間 そのほか複数のアクセス方法がございますので、詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。
■天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは黒川温泉 やまびこ旅館オフィシャルサイトをご確認ください。

コタンの湯/北海道川上郡

屈斜路湖畔に湧き出る温泉「コタンの湯」は、地域の方の手によって行き届いた管理がされている綺麗な露天風呂です。清掃日以外は24時間開放されており、しかも無料!露天風呂の真ん中にある大きな石が男女を分ける浴槽となっているだけなのでほぼ混浴状態ですが、水着やタオル着用での入湯が可能なので、安心して大自然を満喫できる温泉です。屈斜路湖の水面とほぼ同じ高さの露天風呂で、温泉に浸かりながら湖の中にいるような感覚が味わえます。また、冬の時期は白鳥の姿を間近に見ることができるそうです。
コタンの湯
■所在地 北海道川上郡弟子屈町屈斜路古丹
■アクセス 【電車】JR釧網本線「摩周駅」から徒歩約10分の「弟子屈摩周温泉」から阿寒バス和琴半島行きで約30分、「屈斜路コタン入口」下車徒歩約15分
■天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくはコタンの湯オフィシャルサイトをご確認ください。

黒薙温泉旅館/富山県黒部市

これぞ秘湯の醍醐味!?黒薙渓谷に佇む「黒薙温泉旅館」は、トロッコ電車と徒歩でしかたどり着けない黒部奥山の秘湯です。黒薙渓谷の大自然と共に親しまれてきた隠れ湯とも呼べるこの温泉は、江戸時代の頃から人々に愛されてきた記録があるそうです。宇奈月温泉の源泉とされ、豊富な湯量を誇るこの温泉の泉質は弱アルカリ性単純泉でお肌に良いとされています。黒薙川の水の流れや、吹き抜ける風、木々のざわめき、鳥のさえずりなど、露天風呂に浸かりながら五感を開きゆったりと心と体をほぐすことができます。黒薙温泉旅館にはテレビや娯楽施設はなく、インターネットも繋がらないため、様々な情報に気を散らすことなく、心行くまで秘境の秘湯を楽しむことができそうです。
黒薙温泉旅館
■所在地 富山県黒部市 宇奈月町黒薙
■アクセス 【電車】富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」下車、徒歩5分の黒部渓谷鉄道「宇奈月駅」よりトロッコ電車約25分、「黒薙駅」下車、徒歩約20分
■天候など諸事情によって条件が変わることがありますので、詳しくは黒薙温泉旅館オフィシャルサイトをご確認ください。

<注意事項>
■写真はイメージです。
■各施設を利用する際のルールや、営業日時・料金・イベントなどの詳細は、おでかけ前に公式サイトなどで最新の情報を必ずご確認ください。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい