真っ赤な「花咲ガニ」の季節! 根室・釧路だけで獲れる「幻のカニ」

tenki.jp

 (20:30)tenki.jp

 (20:30)tenki.jp
北海道の主に根室半島付近で獲れる花咲ガニは、カニには珍しく旬は夏から秋にかけて。おいしい昆布が獲れる道東では、それをエサとするカニも当然おいしくなります。個体数の減少により漁獲期間などが制限されていますが、漁獲量の大半を誇る根室市では毎年、7月~9月ごろに漁が解禁され、8月末には「かに祭り」が行われます。日本では道東でしか獲れない「幻のカニ」といわれる花咲ガニ。旬の時期、冷凍ではない浜茹でを一度は食べてみたいものですね。

花のように真っ赤なカニ。殻と脚のトゲトゲが特徴

花咲ガニはタラバガニ科で、甲羅の幅が15cmほどの小ぶりなカニです。名前に「カニ」とついていますが、タラバガニと同様、ハサミを除くと脚が3対しかないので、カニではなくヤドカリの仲間です。甲羅はハートを逆さまにした形をしており、脚が太めで肉厚、体全体がトゲトゲで覆われているのが特徴です。
色は鮮やかな赤い色。茹でるとさらに赤い色が増すので「花咲ガニ」の名前がついたともいわれています。

根室半島付近でしか獲れない「幻のカニ」

花咲ガニは日本では、えりも岬から納沙布岬にかけての太平洋側の沿岸と、根室半島北側のオホーツク海の沿岸に生息しています。北海道の中でも、道東の端のほうでしか獲れず、しかも漁の期間なども制限されているので、道民でもめったに食べる機会はなく、「幻のカニ」とよばれています。
漁獲の中心は根室市の花咲港周辺なので「花咲ガニ」の名前がついたという説もありますが、前述のように加熱すると花が咲いたように真っ赤になるので「花咲ガニ」という名前になったという説もあります。
他のカニに比べると身は弾力があり、食感がプリッとしています。味は濃厚。いい出汁が出るので、鍋ものに向いています。

定番は、みそ味の鉄砲汁

花咲ガニは茹でて食べるのはもちろん、肉厚なので焼きガニや鍋でもおいしくいただけます。ただ、トゲが大きくて硬いので、キッチンバサミなどが必須です。
根室のお土産の定番に、花咲ガニの鉄砲汁の缶詰があります。花咲ガニの出汁とともにカニの身と真っ赤な殻がゴロゴロと入っていて、ほんのり塩味がついています。鍋に缶詰の中身を入れ、空いた缶で水を2~3杯注ぎ、味噌で味つけした後に豆腐とネギを入れて出来上がり。4人分ほどの鉄砲汁があっという間に完成です。1缶700円ほど。お土産にも好評です。

根室では8/31から恒例の「かに祭り」

花咲ガニの最大漁獲量を誇る根室市では8月31日から、毎年恒例の「根室かに祭り」を実施します。花咲ガニの茹であげ実演・販売をはじめ、カニの早食い競争、ステージショーなど、たくさんのイベントが予定されています。花咲ガニの旬の時期、茹でたてを食べることができる絶好のチャンスですね。
【2019 根室かに祭り】
■日時(時間は予定)
・8月31日(土) 10:00〜17:00
(カニの販売は8時~)
・9月1日(日) 9:00〜15:00
(カニの販売は7時~)
■会場(予定)
・根室港特設会場(根室市海岸町1丁目)
〈参考:北海道 水産経営部「ハナサキガニ」〉
〈参考:根室市「根室のおさかな はなさきがに」〉
日本全国、ご当地ならではのカニは数々ありますが、花咲ガニは夏が旬であること、そして漁獲量が制限されていることもあるせいか、「幻のカニ」とよばれることがあります。タラバガニのように肉厚で、小ぶりなせいか味が濃いめ。冷凍でない花咲ガニは、北海道に住んでいる人でもなかなかお目にかかることはありません。これから旬を迎える花咲ガニ。茹でたてはどんな味がするのでしょうね…。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック