ゲームなのにスポーツ?いま注目のeスポーツとは?

2019/05/27 17:00

雨の日が多くなる季節がやってくると、休日の外出の予定を立てるのも悩んでしまいますが、いま話題になっているのが屋内でできる「eスポーツ」です。 最近、日本でもeスポーツの規模がどんどん拡大され、スポーツの新たなスタイルとして注目を集めています。eスポーツとはコンピューターゲームをプレイするものですが、海外ではれっきとしたスポーツのひとつとしてみなされています。今回は、eスポーツとはいったいどんなものであるかをご紹介しましょう。

世界的には大規模ビジネスでもあるeスポーツ
世界的には大規模ビジネスでもあるeスポーツ
いま話題の、eスポーツって何? eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」の略称であり、コンピューターを使ってゲームをプレイし、なおかつ対戦型のスタイルがとれるものを指します。 それならば、家でいつもやっているけれど……と思う人もいるでしょう。自宅でやっているゲームとの大きな違いは、競技者はもちろんのこと視聴者もいる点。このあたりが一般的にeスポーツと呼ばれている所以といえるでしょう。 ちなみに、日本におけるeスポーツの市場規模はおよそ5億円ほどといわれています。 なお、全世界におけるeスポーツの市場規模は700億円ほどあるとのこと。そう考えると、日本のeスポーツ市場はまだまだ発展途上にあるといえますね。 また、スポーツと名乗る限り、プレイする人だけでなく支える人も貴重な存在です。日本では観客数が160万人ほどいる、といわれていますが、世界全体では3億人を超える人々が観客として存在しているようです。規模が大きく異なりますね。 どんなゲームが、eスポーツの対象になるの? eスポーツの条件に「対戦できること」が挙げられます。では、どんなゲームならeスポーツとして成立するのでしょうか? 主にeスポーツとして人気のものは下記の種類のものがあります。 ・シューティング ・対戦型ロールプレイング ・トレーディングカード ・格闘技 ・スポーツ など 簡単にあげただけでも、5つほど出てきますが、これ以外にも「種目」はたくさん存在します。また、スポーツですからプロの選手もいますし、チームも存在します。個人戦も団体戦もあるのがスポーツらしいですね。
もちろんスポーツのゲームもeスポーツ
もちろんスポーツのゲームもeスポーツ
いつかは五輪でeスポーツも……? eスポーツ界にとって大きなニュースが2018年にありました。それは、第18回アジア競技大会(インドネシア開催)でなんと公開競技として実施されたことです。 さらには、2022年の第19回アジア競技大会(中国開催)では、ついに正式競技としての実施が決定しています。 関係者が期待しているのは、いつか五輪でもeスポーツを開催……という想いです。ただ、その場合どのゲームを五輪で使うのか……など考えるべき問題は少なくありません。それでも、世界で大きな市場をもったeスポーツの発展によって、スポーツ界全体も活性化することでしょう。 ──見るスポーツとしても注目されるeスポーツ。プロ選手のスゴ技を見ることができるのも他のスポーツと同じ感覚。気になる方は一度、ぜひeスポーツを見ることから始めてみませんか?
プロの競技者を目指す人も増えるかも……
プロの競技者を目指す人も増えるかも……

あわせて読みたい

  • eスポーツで脳を鍛えよう!初心者でも迷わない始め方

    eスポーツで脳を鍛えよう!初心者でも迷わない始め方

    tenki.jp

    5/9

    「家でゲームしてても給与もらえる」吉本興業が芸人をeスポーツ事業に参加させるワケ

    「家でゲームしてても給与もらえる」吉本興業が芸人をeスポーツ事業に参加させるワケ

    dot.

    3/8

  • 「日本の作品にはもう目もくれない」ドイツ版コミケで感じた

    「日本の作品にはもう目もくれない」ドイツ版コミケで感じた"中国ゲーム"のすごい勢い

    プレジデントオンライン

    9/7

    シニアもアツイ「eスポーツ」 ハマる高齢者増加でプロに挑戦も

    シニアもアツイ「eスポーツ」 ハマる高齢者増加でプロに挑戦も

    週刊朝日

    1時間前

  • まだまだ続く巣ごもり生活。無料で遊べるe-スポーツで気分転換してみませんか?

    まだまだ続く巣ごもり生活。無料で遊べるe-スポーツで気分転換してみませんか?

    tenki.jp

    5/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す