犬も花粉症になるの?〈犬の花粉症と対策について〉

tenki.jp

ワンちゃんがくしゃみをしたら、もしかして花粉症? (17:00)tenki.jp

ワンちゃんがくしゃみをしたら、もしかして花粉症? (17:00)tenki.jp
新緑の匂い立つ、素敵な季節になりました。5月といえば……人によっては、花粉症が落ち着く時期ですが、ワンちゃんたちにとっては、犬の花粉症が始まる時期なのです。なぜなら、5月~10月の時期にブタクサなどの花粉が多く飛散し、反応してしまうワンちゃんたちが増加傾向に。犬の花粉症はどのような症状で、対策はどうすればよいのでしょうか? そこで、「犬も花粉症になるの?〈犬の花粉症の症状、花粉症の対策6つ〉」について、みていきましょう! 犬の花粉症の症状とは? 犬が花粉症になると、どんな症状がでるのでしょうか? 早速、症状例をみていきましょう。 ●犬の花粉症の症状例● ・くしゃみ ・鼻水、鼻づまり ・目や耳のかゆみ、皮膚のかゆみ ・目やに、目の充血 ・発疹……など 犬にも花粉症になりやすい犬種がいます。 ●花粉症になりやすい犬種● ・柴犬 ・フレンチブルドッグ ・プードル ・テリア種 ・レトリーバー種など 花粉症で病院に連れて行くと、どのような治療がされるのでしょうか? ●症状が軽い場合● ステロイドや抗生剤などが処方されます。長期的な使用は、できません。 ●症状が重い場合● アレルギー性疾患の治療に用いられる脱感作療法が行われ、花粉症の原因となる抗原を投与してアレルギー体質の改善に。 人間の花粉症と同じような症状が犬にも出るんですね。お散歩から帰宅して、体の一部をかく、赤くなっているなどの症状がみられたら、花粉症の可能性が高いですので、動物病院へ行きましょう。血液検査で、アレルギーの原因が特定できますよ。 犬の花粉症対策6つ 愛犬が花粉症にならないように、対策はどうすればよいのでしょうか? ●お散歩は、花粉が飛散する時間帯を避ける● 一日のうち、午前中に花粉が多く飛散しますので、午前中のお散歩はなるべく避けてあげてください。また、お散歩中も花や植物に近づかないように注意しましょう。 ●お散歩は、ブタクサが飛散するエリアを避ける● ブタクサなどの植物が多く生えている草むらには、多くの花粉が飛散しているので、お散歩では避けてください。草むらにワンちゃんが入ると、体中に花粉がついてしまい、症状が悪化してしまいます。 ●花粉防止スプレーを活用● 花粉症グッズといえば、「花粉防止スプレー」です。お散歩前に「犬用の花粉症スプレー」をワンちゃんにスプレーしてあげれば、付着する花粉を減らせますよ。 ●ドッグウェアを着せる● 花粉が毛に付いてしまうのを避けるために、ドッグウェアを着せてあげましょう。花粉を付着させない効果のあるウェアなどを、取り入れてみてはいかがでしょうか? ●シャンプーやブラッシングを● お散歩から帰宅したら、花粉を落とすために手足を洗ってあげましょう。定期的なシャンプーやブラッシングも効果的! ●こまめなお掃除&空気清浄機● 室内では、こまめに掃除機やぞうきんがけなどで、床掃除をしてください。空気清浄機を併用すると、さらに〇です。 参考 わんちゃんホンポ「犬の花粉症は皮膚に出る!症状と対策【獣医師監修】」(株式会社ピーネストジャパン) pepy「犬も花粉症になる!症状と対策は?薬治療は必要?」(pepy株式会社)花粉症は本当に、つらいですよね……もし、愛犬も同じ思いをしていたら……。飼い主さんもワンちゃんたちも、花粉で苦しまないために、できる対策から取り入れみましょう。そして、花粉に負けない快適な生活がおくれるようにしたいですね!

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック