童話にもなった古典落語──「饅頭(まんじゅう)こわい」

tenki.jp

 (17:00)tenki.jp

 (17:00)tenki.jp
春の陽気、新年度の行事もひとわたり終わり、今日からいよいよ大型連休。心もはなやぎますね。
GW中はさまざまな場所で寄席が開催されています。在宅派の人も、どんな噺がかかっているかネットで調べて、気軽にちょいと!寄席をのぞいてみてはいかかでしょうか。
「寿限無」「時そば」と並んで最も有名な古典落語のひとつといえる「饅頭(まんじゅう)こわい」。
誰にでも親しみやすくわかりやすい、それは「桃太郎」や「浦島太郎」と同じく、日本の民話的な落語と言われています。
GWの初日である今日は、高座にかけられる機会も多い人気の一席、「饅頭こわい」をご紹介しましょう。

怖いもの談議に花が咲き……

町の若い衆が集まって、無駄話をしています。たまの休み、一杯やりたいところですが、そんな金はなし。
仕方なく渋茶をすすっていると、泡を食って駆け込んできたのが留(とめ)。路地を抜けるところで塀の下から青大将が出てきて、腰を抜かしたと言うのです。
この留は長いものを見るとぞっ、とする。ミミズにウナギ、ドジョウ……そば、うどん……。長いものついでに、褌(ふんどし)もしめない。
ここで場は「怖いもの談議」で盛り上がります。
「ナメクジ」「カエル」「クモ」「おけら」「アリ」「馬」……。
「馬なんざあ、馬車だの荷車引いて、始終往来を歩いてるじゃねえか」
と問われれば、
「ずいぶん大きな鼻の孔(あな)だ。あの鼻の孔へ吸い込まれやしねえかと思うと、ぞっとするね。それにあれは蹴とばすだろう?」
なんでも、今の女房と一緒になってから、なにかあるたびに女房に蹴とばされ、以来、馬を見るたびに怖くなったのだそう。
「そりゃ、馬よりもかかあの方が怖いんじゃねえか」
と突っ込まれる始末。なんとも、のどかですね。
そこへ、話題に加わろうとせず、そっぽを向いて煙草ばかりふかしている松。
仲間に入れようと、場のひとりが
「おまえはなにが怖い?」とふれば……。

青大将……きゅっきゅっとしごいてハチマキにして、カッポレを踊ってやる

松は、「やかましいやいっ!」と一喝。
いい若い者がヘビが怖い、クモが怖い、アリが怖いの……バカバカしいと蹴散らします。
「いいか、人間は万物の霊長というじゃねえか」
松は威勢のいいことを言います。
青大将……きゅっきゅっとしごいてハチマキにして、カッポレを踊ってやる
クモ……2、3匹つかまえてきて、納豆のなかに叩き込んでかき回し、納豆が糸を引いてうめえ
アリ……赤飯を食うときにゴマの代わりにパラパラとかける
馬……図体は大きくたって了見は小せえ。食えば桜肉といってオツなもの
そのうえ、
「四つ足で怖いものなんざひとつもねえんだ。四つ足ならなんだって食っちまわ」
と大見得を切ります。そこまで言うならと、
「そこにある炬燵櫓(こたつやぐら)、あれをひとつ食ってみてくれ、四つ足ならなんでも食うと言ったろ、さあ食え」
すると、
「食って食えねえことはねえが、ああいう、『あたる』もんは食わねえ」
と見事にかわします。これでは場の収まりがつきません。
「みんな怖いものがあると言うんだから、たとえ怖いものがないにしろ、なにかひとつ怖いものを言いなよ」
今でいうなら「空気を読め」というところでしょうか?
それでも「ねえものはねえ」と言いはる松。と……やりとりの挙句に、
「……ああ、とうとう思い出しちゃった」
「なんだ」
「いや、これだけは言えねえ。思い出すだけでもぞっとする」
押し問答の末に松が告白します。
「おれの怖いのは、饅頭っ」

饅頭屋の前を、目をつぶって逃げ出す

「じゃあ、なにかい、往来を歩いていて、ぽっぽっと湯気の立っている饅頭屋の前を通るときは困るだろう」
「もうたまらねえから、目をつぶって逃げ出すんだ。法事で饅頭の配り物に出くわすが、あの中に饅頭が入っていると思うと、ぞっとするね……」
話しているうちに気持ちが悪くなったと、松は三畳間で横になることになります。
残った一同、「これは耳寄りな話じゃねえか」と喜びます。皆をバカにしてひとり強がる松に、ひと泡吹かせようということで意見が一致したのです。
「うんと饅頭を買ってきて、あの野郎の枕元へずらりと並べてやろうじゃねえか」
そうして、葛(くず)饅頭、唐饅頭、蕎麦(そば)饅頭、田舎饅頭、栗饅頭……と、それぞれが持ち寄った饅頭で、松の枕元には饅頭の堤(つつみ)ができてしまいました。
「じゃいいかい、起こすよ。おう、松兄、おい松っ……」
起こされた松、「怖い怖い」と言いながら、「怖いから食べてしまえ」と、次々に饅頭を頬張ります。ここでようやく、松に一杯食わされたと気づく一同……。
「てめえの本当に怖いのはなんだ?」
「へへへ、あとは、お茶が怖い」

アナログな落語の魅力

ストーリーと落ちがわかっていても、ニヤニヤしながら笑ってしまいますね。
話芸と仕種で見せる落語は、アナログな世界。ITの落語は、想像できませんね。
この「饅頭こわい」にはさまざまなバージョンがあり、30分以上の大ネタになることも。
また、ネットの動画で気楽に見る(聴く)こともできます。立川談志、柳家喬太郎、古今亭志ん生……の「饅頭こわい」を見比べ(聴き比べ)てみるのも楽しいかもしれません。
IT時代に再燃した落語ブーム、連休にふらりと寄席をのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック