御代替わりの儀式を知り、歴史的な日をしっかり見届けましょう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

御代替わりの儀式を知り、歴史的な日をしっかり見届けましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
いよいよ「平成」から「令和」へ

いよいよ「平成」から「令和」へ

新天皇による一般参賀は、5月4日に行われます

新天皇による一般参賀は、5月4日に行われます

即位の儀式は秋まで続きます

即位の儀式は秋まで続きます

もうすぐゴールデンウィーク。さまざな計画を立てて、心待ちにしている人も多いでしょう。しかし、今年のゴールデンウィークは、時代が変わる特別な連休だということをお忘れなく!
御代替わりの日程をおさらいすると、現在の天皇がご退位されるのが4月30日。
5月1日の零時より、新時代「令和」がスタートします。
天皇退位による改元は憲政史上初めてのことですので、どんな儀式が行われるのかを知って、歴史的な出来事をしっかり見届けましょう。

退位・即位の日にはどんな行事が行われるの?

昭和天皇が崩御されたのは、30年前の1989年1月7日。テレビは特別編成、テレビCMが自粛されるなど、日本中が悲しみに包まれました。
しかし、今回は生前退位であり、また10連休ということもあって、明るい雰囲気に包まれています。
メディアも国民も、おめでたいムードに包まれていますが、退位の日、即位の日はいつで、どんなことが行われるのか、ご存じですか?
4月30日、午後5時からは退位の儀式である「退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)」が宮中で執り行われます。
そして、翌5月1日、皇太子さまが即位後初めて臨む儀式が「剣璽(けんじ)等継承の儀」となります。
剣璽とは、三種の神器のうち、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)をあわせた呼称で、「剣璽(けんじ)等継承の儀」は皇位継承の証としてその剣と勾玉を受け継ぎ、新天皇となる儀式。この儀式は午前10時30分から執り行われます。
そして午前11時10分からは、三権の長をはじめとする国民の代表と会う「即位後朝見(ちょうけん)の儀」が執り行われます。
ご即位の一般参賀は5月4日(土)に皇居で行われる予定です。宮内庁のホームページによると、天皇皇后両陛下のお出ましは、午前10時から1時間ごとに午後3時までの計6回となっています。

10月にも儀式があるって知っていますか?

天皇が日本国の内外に即位を宣明する行事は秋まで続きます。そのおおまかな行事を挙げていくと……、
10月22日(火)
即位礼正殿の儀……即位を宣明します。
祝賀御列(おんれつ)の儀……祝賀パレードで国民の祝福を受けます。
10月22日(火)、25日(金)、29日(火)、31日(木)
饗宴(きょうえん)の儀……国内外の賓客を招待し、即位を祝う祝宴です。
11月14日(木)、15日(金)
大嘗祭(だいじょうさい)……新天皇が初めて、初めて神々に収穫した稲を供え、国家・国民の安寧を祈ります。

今年10月22日は祝日って、知っていますか?

意外と知られていないようですが、今年10月22日は祝日です。
2018年12月の臨時国会にて、2019年は
「4月30日 国民の休日」
「5月1日 即位の日」
「5月2日 国民の休日」
そして、「10月22日 即位礼正殿の儀」が新たな祝休日として加わったのです。
── 4月30日にいよいよ平成が終わります。あなたは誰とどこでどんなふうに過ごしますか?
歴史的な一日となりますから、存分に楽しみ、心に焼き付けてくださいね。
参考:宮内庁HP


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい