雪だからこそ楽しめる!/東北・真冬のイベント特集2019 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雪だからこそ楽しめる!/東北・真冬のイベント特集2019

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

冬本番です。春・夏・秋・冬と四季の違いがはっきりとしている日本において、もっとも寒い季節が到来しました。気温が低く寒い冬。体がちぢこまりがちですが、四季に冬があることに感謝しつつ、雪を楽しむイベントに参加してみませんか。

山形/大江町山里交流館やまさぁーべ「冬の体験プログラム」

山形県大江町のやまさぁーべは、廃校となった小学校を活用した、自然や文化を体験できる宿泊型の体験施設です。日帰りも可能。周囲が森と川に囲まれた自然豊な環境にあり、トレッキングや動植物の観察、料理や工作など、四季を通じて様々なプログラムが用意されています。冬は2種類のプログラムがあります。
(1)2mの雪の上を歩くかんじきトレッキング
深い雪に覆われたやまさぁーべの周辺を、和風のかんじきを履いて散策します。雪の深さは多いときでは2mになることもありますが、かんじきを履くと快適に移動することができます。雪深い林の中や田んぼを歩いて動物の足跡を探したり、雪の下に流れる水路を掘り当てて生き物を探したりします。
◆開催時期/3月中旬まで
◆所要時間/2時間
(2)雪堀り大根でポトフ&薪ストーブピザ作り
積雪2mの雪の下に埋めた越冬大根を掘り出し、サラダやポトフにして食べます。雪の下で0℃前後で貯蔵された大根は甘みが増し、冬ならではの味を楽しむことができます。さらに、ピザを薪ストーブで焼く体験もセットされています。3月になると山菜が出始めるので、山菜をトッピングした春の香りのピザを食べることができます。
◆開催時期/3月中旬まで
◆所要時間/4時間くらい
大江町山里交流館やまさぁーべ
◆場所/山形県西村山郡大江町柳川959-1
◆アクセス/山形自動車道「寒河江スマートIC」から20㎞
公式サイト

宮城/国営みちのく杜の湖畔公園「かまくらまつり2019」

みちのく公園は、南地区と北地区に分かれた広大な敷地に、花畑やキャンプ場なども完備した、東北随一の広大な国営公園です。この広~い公園で、冬はかまくらまつりが開催されます。
公園には、かまくらの本場、横手市と同じ形のかまくらが並びます。大きいものだと、高さ3m以上のものも。雪のすべり台やチューブスライダーなどのアクティビティも充実しています。
また、昔の遊び体験をはじめ、そば打ちや味噌づくり、動物とのふれあい、工作、アウトドアクッキング、越冬野菜の収穫など、体験コーナーが多数あります。
東北の冬ならではの体験を存分に満喫できるかまくらまつり。広い敷地に、1日ではまわりきれないほどの多くのイベントが待っています。
国営みちのく杜の湖畔公園
◆場所/宮城県柴田郡川崎町大字小野字二本松53-9
◆日時/1月25日(金)~2月11日(祝)
◆料金/大人450円 子ども無料
◆アクセス/山形自動車道宮城川崎ICから直進約5分
公式サイト

岩手/小岩井農場「ウィンターランド」。広い牧場で雪と遊ぶ

冬になると、小岩井農場の牧草地が一面の大雪原に覆われます。その広大な敷地で毎年開催されるのが、「小岩井ウィンターランド~雪と氷のプレイパーク~」。広い牧場が冬のテーマパークに様変わりします。
真っ白な雪原の特設アイスリンクでは、氷上ボーリング、カーリング、スノーボール的当てができるほか、広場にはすべり台も登場。スノーモービルに引かれるスノートレインは子どもに大人気です。また、体験コーナーでは、バター作り、アイス作り、クラフト作りができます。
自然を生かしたスノーシューウォークは大人にも好評です。スノーシューを履いて、牧場や雪原、100年スギの林道など、広大な敷地を散策します。途中、冬を生きる動物の足跡を見つけたり、新雪で大の字になったりなど、この時期ならではの冬の森を満喫できます。
◆スノーシューウォークの日時/2月2・3日、9~11日、15日、23日 10:00~12:00
小岩井農場
◆場所/岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
◆日時/1月15日(火)~2月24日(日)
◆アクセス/東北自動車道盛岡ICより約15分
公式サイト

秋田/たざわ湖スキー場「田沢湖高原雪まつり」

「田沢湖高原雪まつり」は仙北市のイベントが一堂に会して開催される冬まつりで、今年で第48回を迎えます。会場は田沢湖の水面を見下ろすたざわ湖スキー場なので、ロケーションは抜群。たくさんの屋台が並び、雪像コンテスト、宝探し、雪上ストリートダンス選手権などが行われます。夜になると雪像がライトアップされ、花火の打ち上げも。また、前回好評だった「汁−椀グランプリ」も楽しみです。
そして、メインのイベントは「けっちぞり」大会。「けっちぞり」は「けつぞり」のことで、よく滑る小さめの袋などをお尻の下に敷いて、仰向けで雪の斜面を滑るという、東北地方の子どもの遊びです。大会では肥料袋や米袋が使われ、うまく滑ることができてもできなくても、見ているだけでも楽しい催しです。
たざわ湖スキー場
◆場所/秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73-2(たざわ湖スキー場特設会場)
◆日時/2月16日(土) 10:00~21:00、17日(日) 10:00~15:00
◆アクセス/東北自動車道盛岡IC下車
公式サイト
(写真はすべてイメージです)


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい