今こそ行かねば!学問の神様祈願〈レジャー特集|2019〉 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今こそ行かねば!学問の神様祈願〈レジャー特集|2019〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
菅原道真を祀る天満宮の総本社、北野天満宮

菅原道真を祀る天満宮の総本社、北野天満宮

菅原道真が眠る太宰府天満宮も天満宮の総本社

菅原道真が眠る太宰府天満宮も天満宮の総本社

報徳二宮神社にももちろんあの像が

報徳二宮神社にももちろんあの像が

松陰神社には「吉田松陰先生像」が

松陰神社には「吉田松陰先生像」が

湯島天神では毎年この時期、合格祈願の絵馬が分厚く重なります

湯島天神では毎年この時期、合格祈願の絵馬が分厚く重なります

いよいよ受験シーズンがやってきました。今年の大学入試センター試験は1月19日(土)と20日(日)。受験生の皆さんはもう“あとは神頼み”という心境かもしれませんね。
そこで今回は、合格祈願をするならココ!というオススメスポットをご紹介! 「学問の神様」としてまっ先に思い浮かぶ菅原道真、勤勉の象徴ともいえる二宮金次郎、幕末の教育者で多くの偉人を育てた吉田松陰など……いかにもご利益がありそうな神様ばかりですから、ぜひ記事を参考に、最後の神頼みをしにお出かけして、「さくらさく」の吉報をご家族に届けてあげてくださいね♪

北野天満宮(京都府京都市)/太宰府天満宮(福岡県太宰府市)/防府天満宮(山口県防府市)

菅原道真は平安時代の学者で政治家でしたが、その活躍を妬んだ貴族たちの策略によって罪人とされ、大宰府で不遇の死を遂げます。その後、京で立て続けに起きた災いが道真の怨霊によるものとされ、その怒りを鎮めるために道真を天神様として祀る天満宮が各地に建てられました。
北野天満宮と太宰府天満宮はいずれも天満宮の総本社とされ、道真が好きだった北野と埋葬された太宰府にあります。防府天満宮は904(延喜2)年に建てられた最古の天満宮。この三社は特に「日本三大天神」とされ、全国から受験生が訪れる人気の合格祈願スポットなんです。お護りを手に入れるため、受験生の親御さんも多く訪れるそうですよ。
北野天満宮/太宰府天満宮/防府天満宮
■所在地 北野天満宮:京都府京都市上京区馬喰町
太宰府天満宮:福岡県太宰府市宰府4-7-1
防府天満宮:山口県防府市松崎町14-1
■アクセス 北野天満宮:京福電車「白梅町」駅より徒歩5分
太宰府天満宮:西鉄「太宰府」駅より徒歩5分
防府天満宮:山陽本線「防府」駅より徒歩15分
■天候や諸事情により条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は北野天満宮オフィシャルサイト、太宰府天満宮オフィシャルサイト、防府天満宮オフィシャルサイトをご確認ください

報徳二宮神社(神奈川県小田原市)

ご存じの二宮金次郎。そう、薪を担いで本を読む少年の像、あの人です。江戸時代の農家に生まれた金次郎は幼い頃に両親を亡くし、朝から晩まで働きながら勉学に励みました。そのかいあって後に役人となり、農村の人々を貧しさから救うことに尽力したんです。
寸暇を惜しんで勉強し、出世した金次郎の精神は、受験生もきっと見習いたいところ。二宮金次郎を祀る報徳二宮神社は小田原城のすぐ近くにあります。しっかり神頼みした後は、青空に映える小田原城を眺めて、受験勉強の息抜きもしましょうね!
報徳二宮神社(ほうとくにのみやじんじゃ)
■所在地 神奈川県小田原市城内8-10
■アクセス JR「小田原」駅東口より徒歩15分
■天候や諸事情により条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は 報徳二宮神社オフィシャルサイトをご確認ください

松陰神社(東京都世田谷区)

長州藩士の家に生まれた吉田松陰は、幼い頃から「論語」や「孟子」を学び若くして兵学の最高免許を取得、天才といわれました。
松陰主催の勉強会「松下村塾」は、身分によらず個々の長所を伸ばす教育を行い、塾生には後の初代内閣総理大臣・伊藤博文や第三代内閣総理大臣・山縣有朋など明治維新を代表する政治家たちがいます。松陰は偉大な教育者ひいては学問の神様として、今も多くの人に崇拝されているんです。
松陰のお墓がある松陰神社を参拝したら、墓前で手を合わせ、受験合格と立身出世を祈願しましょう!
松陰神社
■所在地 東京都世田谷区若林4-35-1
■アクセス 東急世田谷線「松陰神社前」駅より徒歩3分
■天候や諸事情により条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は松陰神社オフィシャルサイトをご確認ください

湯島天神(東京都文京区)

湯島天神も菅原道真を祀る天満宮ですが、実は道真の生前から天之手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を祀り、人々に厚く信仰されていました。
天之手力雄命とは「古事記」に出てくる神様で、岩穴に閉じこもった天照大神(あまてらすおおみかみ)を、その怪力で引きずり出したという神話があります。開運・勝運を司る神様で、室町時代に学問の神様・菅原道真も祀られるようになったことで、受験合格祈願にはとってもご利益がありそうですよね!
湯島天神は数ある天満宮の中でも「関東三天神」のひとつに選ばれているんですよ。
湯島天神
■所在地 東京都文京区湯島3-30-1
■アクセス 東京メトロ千代田線「湯島」駅より徒歩2分
■天候や諸事情により条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は湯島天神オフィシャルサイトをご確認ください


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい