車がなくても大丈夫!駅近・手ぶらOKのスキー場へGO!!〈レジャー特集|2018〉

tenki.jp

「スキーって、行くまでが大変……」と思っていませ... (16:30)tenki.jp

「スキーって、行くまでが大変……」と思っていませ... (16:30)tenki.jp
今年もやってきました、スキー&スノボシーズン♪ かつてほどのブームではないものの、やはり冬のレジャーといえばスキー&スノボではないでしょうか。今季のレジャー特集では、さまざまなテーマで各地のスキー場をご紹介していきますよ! 「車がないし、重い荷物を持って歩くのはイヤ」「スキー用のウェアもブーツも板も持ってないし」……そんな方でも気軽にスキー&スノボを楽しめるスキー場があるんです。今回は「駅近」「ウェアや道具のレンタルが充実している」など電車派の皆さんにオススメのスキー場をピックアップしました! GALA湯沢スキー場/新潟県南魚沼郡 上越新幹線「ガーラ湯沢」駅とスキーセンターが直結、東京駅から最速75分というアクセスのよさが魅力の「GALA湯沢スキー場」。日本最大級のレンタル「サロモンステーション」は、サロモン最新モデルのウェアやスキー&スノボはもちろん、長靴、そりなど充実の品揃えです♪ ゲレンデにはバリエーション豊かな17のコースが。中でも全長2500mの「ファルコンコース」は、絶景を眺めながら気持ちよく滑走できますよ。アフタースキーは隣接の「SPAガーラの湯」で、フィットネスプールや温泉、露天ジャグジーも楽しんで! ガーラ湯沢スキー場 ■所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢字茅平1039-2 ■アクセス 【電車】上越新幹線「ガーラ湯沢」駅下車すぐ ■時間 8:00~17:00 ■積雪状況や天候によって条件が異なる場合がありますので、お出かけの際はガーラ湯沢スキー場オフィシャルサイトをご確認ください 上越国際スキー場/新潟県南魚沼市 「上越国際スキー場」はJR上越線「上越国際スキー場前」駅から直結の、広大なスキー場。ゲレンデには全長6000mの超ロングコースをはじめ、全18本のコースを備えています。 こちらもレンタルはサロモン全面サポートの「サロモンステーション」。子ども用グッズも充実していますし、ゲレンデの「キッズパラダイス」には、スノーチュービングやエア滑り台などちびっ子が喜ぶ遊具もたくさん! 12月22日(土)~25日(火)は、スペシャルクリスマスイベントも開催される予定です♪ 上越国際スキー場 ■所在地 新潟県南魚沼市樺野沢112-1 ■アクセス 【電車】JR上越線「上越国際スキー場前」駅下車すぐ ■時間 8:00~19:00、ナイター17:00~21:00 ■積雪状況や天候によって条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は上越国際スキー場オフィシャルサイトをご確認ください 湯沢中里スキー場/新潟県南魚沼郡 上越線「越後中里」駅直結、初級から上級まで多彩な11コースを備える「湯沢中里スキー場」は、レンタルシステムも先進的! スキーもスノーボードも楽しみたい方にうれしい“ブランドバイキング”は、人気ブランドのウェア、スキー、スノーボードに加えてスノースクートやキッズモデルも充実しており、1日に何度でも借り換えOKなんです。スキーセンター内には無料の大浴場「スパベルク」もありますから、めいっぱい遊んだ後は、汗を流してさっぱり気持ちよく帰りましょう♪ 湯沢中里スキー場 ■所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町土樽5044-1 ■アクセス 【電車】JR上越線「越後中里」駅下車すぐ ■時間 8:00~16:30(土日祝8:00~17:00)、ナイター17:00~20:30 ■積雪状況や天候によって条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は湯沢中里スキー場オフィシャルサイトをご確認ください 軽井沢プリンスホテルスキー場/長野県北佐久郡 「軽井沢プリンスホテルスキー場」は北陸新幹線「軽井沢」駅から歩いて10分の至便さ! 無料シャトルバスに乗れば1分で到着するので、荷物が多くても心配なしです! 日本最大級の人工雪スキー場だから、暖冬もなんのその。今季はすでに11月3日からOPENしています。ちびっ子のスキー&スノボデビューにぴったりな緩斜面を含め、コースは全10本。ゲレンデトップからは雄大な浅間山も望めます♪ もちろん、手ぶら派にはレンタルもいいですが、隣接する「軽井沢プリンスショッピングプラザ」で購入することもできますよ。 軽井沢プリンスホテルスキー場 ■所在地 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1016 ■アクセス 【電車】北陸新幹線「軽井沢」駅より徒歩10分 ※無料シャトルバス1分 ■時間 8:30~17:00、ナイター16:00~20:00 ■積雪状況や天候によって条件が異なる場合がありますので、お出かけの際は軽井沢プリンスホテルスキー場オフィシャルサイトをご確認ください

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック